<一粒万倍のツイッター>−「ダダ漏れ」の雰囲気をうまく活用せよ−−宇佐美進典氏

写真拡大

ツイッターは、共感が共感を呼ぶメディアだ。投稿された「ツイート(つぶやき)」のなかでも、面白いものは「リツイート(引用)」されて、一瞬で広がっていく。著名人の動向やニュースの真相、サービスの評判など、あらゆる情報が「面白さ」を基準に行き交う。そんな特性を持つメディアなら、ECナビのカルチャーに合ったいい人材が集められるかもしれない。「ツイッター採用」を始めた理由もそこにあった。

2009年までは、他社と同じように就職情報サイトが採用の中心だった。しかし、サイト経由だと応募数は集まるが、就職への熱意に欠ける学生も少なくない。大企業にはできない方法でアプローチしなければ欲しい人材は確保できない。戦争にたとえるならば、「ゲリラ戦」で挑まなければ勝てない、と知った。

10年1月、ツイッターで学生向けの勉強会を告知したところ、予想以上に「欲しい」と思わせる人たちが集まってくれた。手応えを感じて、すぐに「今年の新卒採用は10人以上のフォロワー(購読者)がいる方を対象にします」とつぶやいたところ、わずか3日ほどで約100人の応募があり、慌てて打ち切った。最終的に2人に内定を出し、うち1人がアルバイトとして働いている。年間10人前後の採用を計画しているため、現時点でのツイッター採用はあくまで「プラスアルファ」だが、非常に満足のいく結果が得られた。

採用のとき、私のところには学生からの質問が次々と寄せられた。シビアな質問もあったが、可能な限り即答するようにした。140字までの字数制限が読み書きのハードルを下げているようで、ほかのメディアに比べると、レスポンスの速さと量は圧倒的なものがある。私のアカウントには9500人のフォロワーがいる。顧客などとダイレクトにやり取りできるのは、ほかにはない魅力だ。

取っ付きづらい面はある。私自身、本格的に始めたのは半年前からで、登録から1年以上は何が面白いのかわからなかった。だが、本当に価値のないサービスなのか腹落ちするまで試してみた。まずは友人や気になる著名人をどんどんフォローしてみることを勧める。企業活動で使うとしても、難しく考えず気楽に始めることが、使いこなすコツだろう。

■宇佐美進典氏が「ツイッター」を添削!

×BEFORE

(1)正確を期すために四角四面な書き方をすると、ツイッターのなかでは埋もれてしまう。事実関係をしっかり押さえたうえで、親しみやすい文体を心がけたい。

(2)ツイッターは一つのツイートにつき140字以内という制限がある。このため制限ギリギリまで書いてしまうと、ほかのツイートへのコメントを書き込みづらい。120字以内に抑えたほうがいいだろう。

(3)「いまどうしてる?」を書くことが勧められているが、個人的な交友関係を知って喜ぶフォロワーは少ないだろう。

(4)RTには、発言をそのまま引用・転送する「公式RT」もあるが、私は使っていない。何らかの付加価値をつけることが、フォロワーを増やすことにもなる。

○AFTER

(1)ワキは締めつつ気軽な雰囲気を
やり取りを気楽にできるのも魅力の一つだが、イタズラのようなツイートも少なくない。書き方はくだけているが、「10名以上のフォロワー」と「入社の意志を明らかにすること」がフィルターになり、就職の熱意に応じて絞り込める。

(2)キツイ質問にこそ誠実に対応する
ツイッター採用の際に寄せられた質問の一つ。こちらにやましい点がなければ、誠実に対応することで理解は得られるはず。むしろキツイ質問のほうが注目度は高いので、チャンスといえる。

(3)シンプルな言葉で自分の考えを書く
ツイッターの発言は「ダダ漏れ」になりやすい。その意味で嘘のつきづらいメディアだ。だからこそ、ときには経営哲学も書く。自分の考えに共感してくれる人たちと、事業を進めていきたいのだ。

(4)リツイートには付加価値をつける
自分の考えを加えなければ、RTの意味がない。「三田割り」は社内でスマートフォン向けビジネスを立ち上げた事業責任者の名前から取ったもの。全社員で三田さんを応援しようという意味合いも込められている。

----------

VOYAGE GROUP CEO
宇佐美進典(うさみ・しんすけ)
1972年生まれ。96年早稲田大学卒業。トーマツコンサルティングなどを経て、99年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)を創業。

----------

(広田 稔=構成 星野貴彦=事例作成 永井 浩=撮影)