3種類の軸色を用意

写真拡大

プラチナ万年筆は2012年10月25日、ハイテク導電繊維使用のタッチペンを搭載した4機能筆記具「センシー・スマートペン」を発売する。価格は、2100円。

球径5ミリで入力エリア見やすく

タブレット端末の画面を営業の客先で提示する場合をイメージし、開発を進めたという「センシー・スマートペン」は、高感度タッチペンと油性ボールペン3色(黒・赤・青)の4機能が1つになっている。

タッチペンは、基本操作はもちろん、「文字入力アプリやイラスト作成アプリなどがストレスなく入力できるレベル」を目指し、ハイテク素材の導電繊維を独自形状で設計することにより、滑らかな入力感覚を実現したほか、特に爪の長い女性のためにタッチ部分を球径5ミリとし、入力エリアを見やすくした。また、「3万回の摩擦テスト後でも繊維劣化による感度低下がなく、性能が持続する」という。タッチペン先パーツ(タッチメカ-1000)は交換可能で、2個入り1050円で販売される。

軸色として、シルバー、ピンク、ブルーの3種類を用意した。