一人暮らしの必需品 これがあると便利!

写真拡大

はじめての一人暮らし......、でも居住スペースを考えて、生活用品を必要最低限に抑えている人も少なくないでしょう。とはいえ、生活にアイデアはほしいところ。高価ではないけど、あると生活が便利になりそう。そんなアイテムをご紹介いたします。

●台所アイテム編
マイナビが行った調査(※)によると、「生活の中で面倒だと思うこと」に「食事の準備・片付け」をあげた人が男女を問わず最も多く、1位にランクイン。「人付き合い」よりも多い回答数を得ています。それほど面倒に感じられている食事の準備・片付け。洗い物が増えないよう、こんなアイテムを使うと労力も軽減されそうです。
(※)調査時期:2012年8月11日〜2012年8月16日/調査対象:マイナビニュース会員/調査数:男性428名、女性572名(ウェブログイン式))

■「キッチンバサミ」<予算:1000円〜5000円>
食料品は、透明のセロハンに包まれていたり、帯でたばねられていたり、とハサミを必要とするシーンは多くあります。ハサミをキッチンバサミに換えれば、これに加え、食材も簡単に切ることができて、大変重宝します。特に、ネギやほうれん草、レタス、ハム、お肉などを切るときは、「チョキチョキ」切るだけ。場所も取らず、まな板もいらず、手軽に料理の準備ができます。

■「電子レンジ用パスタ容器」<予算:100円〜400円>
専用容器に適量のパスタと水を入れて、電子レンジで加熱し水切りすれば、簡単にパスタが作れます。有り合わせの具材を炒めてパスタとからめても、調理に要する時間はたった10分ちょっと。たとえ、ガスコンロが一口しかなくても、具材と同時進行でパスタを茹でることができるので、不便はありません。しかも、パスタを茹でる鍋もザルもいらず、後片付けがとても楽です。

■「シリコンスチーマー」<予算:1000円〜3000円>
自炊で、野菜をたくさん摂りたい方にオススメなのは「シリコンスチーマー」です。電子レンジで利用すれば、ムラなく食材を加熱することができます。ラップをかける必要もありません。食材によってはまな板もいらず、しかも鍋を使わずにすむので、後片付けは簡単。便利さだけでなく、食生活がぐんと豊かになるアイテムです。

●掃除アイテム編
浴室、トイレ、台所......。たとえワンルームであっても、掃除をすべき箇所は結構あるものです。とはいえ、それぞれにあった専用洗剤や掃除グッズをそろえていたのでは置き場所に困ってしまいます。どこでも役に立つのがこれらのアイテムです。

■「重曹」<予算:100円〜600円>
台所、洗面所、お風呂場などの水周りをきれいにするときに万能なのが「重曹」です。
窓ガラスをふいたり、台所の汚れをふき取ったり、シャワーカーテンにふりかけてカビの発生を抑えたりすることができ、生ゴミにスプレーをすると消臭効果も得られます。

■エタノール<予算:1000円前後>
重曹以外でおすすめはエタノール。除菌・防カビ効果が期待できます。エタノールは薬局で購入でき、水(1:1)で薄めてスプレーに入れて作り置きしておきましょう。キッチン周り、冷蔵庫の汚れ、コンロ周りに直接スプレーしてふき取ると、汚れが落ちるだけでなく、ニオイも取り除かれ、台所を清潔に保てます。台所だけでなく、洗面所、鏡、扉の取っ手などもこまめにふき取るようにしておきましょう。

●収納アイテム編
気がついたときにすぐに片づけないと、どんどん部屋は散らかってしまいます。散らからないようにするには、空間を利用することが大切です。

■伸縮ポール(つっぱり棒)<予算:100円〜3000円>
部屋を有効的に使うためには、空間を利用しましょう。そんなときに便利なのが「伸縮ポール(つっぱり棒)」です。押し入れに利用して洋服をかけたり、トイレの上部に利用してトイレットペーパー置きにしたり、浴室専用のつっぱり棒で洗濯物を干したりと、空間を利用した収納が簡単に実現できます。

今までの生活にプラスすることで、より快適に過ごせるアイテムは結構あるもの。ときにはドラッグストアやスーパー、DIYの店などに立ち寄って、自分の部屋にあったアイデアアイテムを探すのも楽しいかもしれませんね。