『宇宙刑事ギャバン』早くも続編切望の嵐!大葉&石垣も感無量の初日あいさつ

写真拡大

公開初日を迎えたシリーズ初の単体映画『宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE』の舞台あいさつが20日、東京・新宿バルト9で行われ、一条寺烈/初代ギャバンの大葉健二、十文字撃/新ギャバンの石垣佑磨をはじめとした主要キャストと金田治監督、さらにはギャバン、シャリバン、シャイダーの三大宇宙刑事が登場した。

主要キャストあいさつの前には、串田アキラが歌う主題歌「宇宙刑事ギャバン -type G-」をBGMに新旧ギャバン、シャリバン、シャイダーと宇宙刑事が集結。

観客と握手を交わしながら場内を練り歩くという粋なファンサービスも行われた。

さらに場内が暗転すると、こちらも現在映画が公開中の人気アニメ『TIGER&BUNNY』からワイルドタイガーが登場。

映画配給会社の垣根を越えたまさかのサプライズに、会場は大歓声に包まれた。

会場の熱気が冷めやらぬ中に登場した石垣は「はじめまして撃です! みんなの平和はおれが守ります!」と自身が演じた十文字撃になりきって叫び、「ほんとにうれしい! 幸せです!」と感無量の様子。

劇中でも新ギャバンを見守ってきた大葉は「一番大変だったのは川での撮影。

彼(石垣)はずぶ濡れで、岩で背中を打って手が全く上がらない状態になっても、一言も休みたいとは言わなかった。

竹を割ったような男で、ドラマを演じていく中で二代目に育っていった」と大絶賛。

初代ギャバンのお墨付きをもらった石垣は「ありがとうございます!」と応え、観客からも熱烈な喝采を浴びた。

公開前から、ギャバンとともに「メタルヒーローシリーズ」の礎を築いた『宇宙刑事シャリバン』『宇宙刑事シャイダー』の参戦も大きなトピックとなっていた本作だが、シャリバン/日向快を演じた三浦力は「僕は出番が少しだったため、見どころは僕が出ているところ全部。

あとはギャバン、シャリバン、シャイダーのそろい踏み、それにつきます」とアピール。

そして、シャイダー/鳥丸舟を演じた岩永洋昭は「まだちょっと不完全燃焼だった部分もあるので、続きは『宇宙刑事シャリバンTHE MOVIE』『宇宙刑事シャイダー THE MOVIE』で続きを!」と「メタルヒーローシリーズ」の続編を希望。

これには観客も沸き立ち、次回作を大きく渇望する様子が見て取れる一幕だった。

さらに続編を期待させる発言にはこれに留まらず、初代から30年経った本作でもコム長官を演じた西沢利明からは「新ギャバンと新しい銀河連邦警察のメンバーは近い将来、再びこの美しい地球に危機が迫った時には、全員でこの星を守りにまたやってきます。

お楽しみに!」と、次回予告のような発言まで飛び出す事態に。

これに金田監督は「皆さんの応援があればもしかしたら続くかもしれませんよ」を次回作を期待させる一言を添えた。

劇中では重要な役所となる大熊遠矢を演じた永岡卓也は「激との友情、河井衣月をめぐる気持ちを見ていただきたい。

ラストシーンの3人の涙は本物だと信じて欲しい」と本作の見どころを解説。

その衣月を演じる滝裕可里は「ワイヤーで吊ってもらったり、転んだり走ったり、気づいたら痣だらけだったんです」と苦労話を明かすと、金田監督は「俳優さんでも、”転ぶ”芝居をやるのは非常に難しい。

でも彼女は一発OK。

見事ですよ、もうちょっとアクションやらせてもよかったかも」と太鼓判を押し、滝が「じゃあ次回はぜひアクションを!」とここでも次作発言。

また、バード星人の少女・シェリーを演じた森田涼花は、特撮らしいド派手な衣装を見て「初めて見た時はあまりにも派手すぎて、これ誰の衣装なんやろ?と思っていたらシェリーでした」という撮影前のエピソードを話し、会場の笑いを誘っていた。

さらに撮影中のエピソードとして金田監督は「電車の中の短いシーンでは都電をお借りしたんですが、約30分しか借りられないと。