高精細液晶パネルを搭載

写真拡大

ソニーは2012年10月20日、9V型大画面のポータブルブルーレイディスク(BD)プレーヤー「BDP-SX910」を発売した。価格はオープンだが、想定実売価格は4万円前後とみられる。

画面が180度自在に回転

ポータブルBDプレーヤーとして新採用した独自のバーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド」により、映画鑑賞に最適な臨場感あふれるサラウンド音場を実現する「ダイナミックサラウンド」モードなど、4つのサウンドモードを搭載した。

BDならではの高画質な映像を引き立たせる9V型高精細LEDバックライト液晶パネルは、画面が180度自在に回転するので、見やすい方向に画面の向きを変えたり、画面を表にして折り畳んだりと、好みのスタイルで使用できる。

電源回路の効率化などにより、BD再生時でも内蔵バッテリーで最長約5時間の連続視聴が可能になった。

カラーは、ブルーのみ。