●KITCHEN

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)GoRA・GoHands/k-project
(C)King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

TVアニメ「K」がMBS、TBS、AT-Xその他から放送されています。
<キャスト>
伊佐那社:浪川大輔
夜刀神狗朗:小野大輔
ネコ:小松未可子
周防尊:津田健次郎
宗像礼司:杉田智和
櫛名アンナ:堀江由衣
草薙出雲:櫻井孝宏
八田美咲:福山潤
鎌本力夫:中村悠一
淡島世理:沢城みゆき
伏見猿比古:宮野真守
十束多々良:梶裕貴
雪染菊理:佐藤聡美

●ストーリー
葦中学園高校は、島が丸ごと高校の敷地になっている変わった学校である。その屋上で、シロこと伊佐那社は、一匹の仔猫と共に昼食をとっていた。昼食後、クラスメイトのククリ(雪染菊理)から学園祭の買い出しを頼まれたシロは、橋を渡って街へと向かう。だがそこでなぜかガラの悪い男たち(吠憮羅)から追われるはめになり――。(第1話より)
●宗像礼司登場!
吠憮羅の暴走に対する責任追及として赤の王である周防尊を拘束する宗像礼司。宗像礼司は青の王であり赤の王である周防尊とは敵対関係の様子。

そんな彼がとる行動とは?

※ちなみに宗像礼司の側近である淡島世理の周防尊への対応策は少々悪辣な感じがしますが…。
●クラン
朝食を食べる伊佐那社、夜刀神狗朗、ネコ。何事も無く伊佐那社の部屋に居着く2人。特にネコは男子寮なのに…。

バー『HOMRA』のマスター、草薙出雲。吠舞羅のメンバーがバーで暴れるのを諌め、周防尊が意図的に捕まったという嘘を伝えメンバーを騙します。

それを見抜いているのは櫛名アンナのみ。草薙出雲にとっては吠舞羅のメンバーを操るのは造作も無いようです。

赤のクランである吠舞羅のメンバー(十束 多々良)を殺害したのは伊佐那社(と夜刀神狗朗に認識されています)、但し彼には全く自覚が無い様子。
●7人の王
夜刀神狗朗の語るところによると色が異なる7人の王が存在し、それぞれの色によって特徴が全く異なるというもの。それがクランというものなのです。例えば、赤のクランは「暴力」というわけで。

朝食後、夜刀神狗朗は伊佐那社を斬り捨てようとするも必死に弁明する伊佐那社。しかし、夜刀神狗朗にとってどうしても納得出来ない存在があります。それはネコ!そこで本人に確認するも…。

ネコ「吾輩はネコである!」

※全く分かりません。

とりあえず、夜刀神狗朗が伊佐那社を斬る予定は彼が見極めるまで保留となったようです。

※三輪一言の格言によって救われる伊佐那社。

今回ネコは朝御飯を食べていただけだった「K」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「K」第2話「ネコが裸で何が悪い!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第1話「猫とネコ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第0話「製作発表会」(ネタばれ注意
▼外部リンク

「K」TVアニメ公式Webサイト
「K」AT-X公式Webサイト