実はこんなにある代替食品・代替食材たち



牛生レバーの規制により、レバ刺しそっくりに加工されたこんにゃくレバーが非常に注目されています。ゴマ油で食べると、まるで本物のレバ刺しのような食感と味わいとのことで、大変人気だそうです。こういった代替食品は古くからあるもので、カニカマボコやマーガリンなども代替食品やコピー食品のひとつですね。



さて今回は、そんな本物に近い味や食感の代替食品、さらには身近にある食材を紹介します。



■本物そっくりの代替食品



●ウナギのかば焼きそっくりの山芋かば焼き

最近は稚魚の不漁でウナギの値段が高騰していますが、安価でおいしく食べたい人にぜひ試してもらいたいのが山芋を使ったウナギもどき。山芋と豆腐などをすり合わせたものにノリを貼り付けてこんがりと焼き、ウナギのタレとさんしょうをかければ見た目はかば焼きです。フワっとした食感もたのしめます。「ウナギは小骨があるのがちょっと……」という人にもオススメです。



●大豆ナゲット

大豆をミキサーで砕いたものをかためて衣をつけて揚げると、見た目も食感もチキンナゲットそっくりになります。ケチャップやマスタードをつけて食べるともう鶏肉か大豆かわかりません。大豆なので子供さんも栄養たっぷり摂ることができます。実際に市販されているチキンナゲットの中には、鶏肉のすり身に大豆をくわえているものもありますよ。



●アナログチーズ

乳成分ではなく、植物性油から作られたチーズの代替食品。見た目はクリームチーズそのもので、並べられても見分けがつかないレベルです。ベジタリアンの人や牛乳の成分にアレルギーがある人でもチーズの食感を楽しむことができます。ただ、日本ではあまり流通していないので、手軽には入手できません。



●さっぱり風味の豆腐白子

ペースト状にした豆腐を特殊な方法で固めた代替食品。石川県の日本海藻食品研究所が作り出されたものです。外側がほどよい硬さで、中はトロトロしているので、ポン酢で食べるとまるで本物の白子のような食感を楽しめるそうです。



●プルプル食感 ゼラチンのフカヒレ

ゼラチンをほぐしたフカヒレのような形に加工して作った代替食品です。本物のフカヒレもゼラチン質なので、食感はほとんど変わりません。とにかく本物のフカヒレと比べて非常に安価なのが魅力的です。また、ほかのフカヒレの代替食品としては、春雨を使った物や、エイなどの別の軟骨魚を使ったものもあります。



■身近にある意外な代替食品たち



●がんもどき

その名の通り、鳥の雁(がん)に似せて作られた食品ですが、最近では知らない人も多いのではないでしょうか?



●カズノコ

お正月料理などでおなじみのカズノコ。国産のカズノコは貴重で最近は海外からニシンの卵を輸入してつくられています。また、粒状のニシンの卵の中には、キャペリンという魚の卵を着色しているものもあります。



●サケの塩焼き

市販されているサケの加工食品の中には、サケではなくマスが使用されているものが多くあります。缶詰などもカラフトマスが使われていることがほとんどのようです。



●コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュは生クリームの代用食品です。コーヒーには生クリームではなく、コーヒーフレッシュを入れるのが当たり前だという人ももしかしたらいるかもしれませんね。



●回転ずしの寿司ネタ

ご存じの人も多いと思いますが、安く提供されている回転ずしの寿司ネタの中には、別の魚が使用されている場合があります。例えばヒラメとされているのがナマズだったり、マグロがマンボウだったりします。味も食感も非常に似ているので気づかない人も多いですよね。





規制により食べることのできない牛生レバーに似た食感のこんにゃくや、値段が高騰するウナギの変わりに楽しめる山芋かば焼きなどは、それらが好物な人は助かりますね。ただ、非常に似た味というだけなので、本物には及ばない部分もありますが、そこはガマンで(笑)。こういった本物とは違う食品を味わい、本物との差を楽しんでみるのもおもしろいかもしれませんね。



(貫井康徳@dcp)