ヨーロッパを中心とする住宅関連の高級ブランドが集結するイベント「Living Wellness in Luxury(リビング ウェルネス イン ラグジュアリー)」が、10月20日(土)〜11月30日(金)まで、東京・広尾のポーゲンポールキッチンデザインセンター東京にて開催中である。
「Living Wellness in Luxury」とは、ウェルネスライフを送るためにかかせない、ラグジュアリーな住空間を演出する世界的ブランドが一堂に集結するコラボイベント。会場となっているドイツのキッチンメーカー「ポーゲンポール」の他、「Fissler」(キッチンウェア)、「ヴェッキオ・エ・ヌオーヴォ」(デザイン暖炉)、「ガゲナウ」(家電)、「サイルストーン」(高級人工水晶石)、「ルミナベッラ」(照明器具)、「テクノジム」(フィットネスマシン)、そしてインテリアファブリックスとしてマナトレーディングが参加し、それぞれの代表的商品を訴求している。マナトレーディングは「サコ」と「ルベリ」を展示、ラグジュアリーな空間づくりに一役買っている。

なお会期初日にはオープニングパーティーが行われ、設計事務所やハウジング、デベロッパー関係者、および一般ユーザー200名以上が集まるなど大盛況だった。パーティーでは、イタリア人シェフのマリオ・フリットリ氏によるケータリングが振舞われ、参加企業各社が提供するプレゼントが当たる抽選会も行われた。