私たちに足りないのは「甘え上手」だったのか

写真拡大


「アンアン」2012.10.17号が、「とにかくモテる! 仕事もデキる! 甘え上手な女になろう」という特集を組んでいる。アンケートによると、男性の77.5%が「女性から甘えられるのが好き」なのだそうだ。

彼氏に甘えられないと可愛がられないし、ストレスも溜まる。仕事で他人に頼れないと、孤軍奮闘することになる。とはいえ、いつも自立やたくましさを求められているアラサーOLには、自分が強くなるよりも周囲に甘えろというのは意外とハードルが高いのではないか。


「自分から手を差しのべる」ならできそうだけど


誌面で紹介している「職場で“使える”上手な甘え方」のテクニックは、大きく分けると次の4つだ。


1.まず自分から手を差しのべる

2.お願いする時のキメ台詞をマスターする

3.アフターフォローを忘れない

4.相手によって態度を変える

他人に甘える前に、普段から他人に手を差し延べておくのは鉄板だろう。甘えを聞き入れてもらいやすくなるし、「甘えて申し訳ない」という自分の気持ちを正当化できる。


仕事はチームワーク。「お互いさま」という関係を作っておくことは、ギスギスしない職場づくりのために、とても重要なことだと思う。


つい仕事を抱え込みがちな自分としては、2番目の「キメ台詞」も気になった。具体的なステップは、第一声で「すみません」と真面目にはっきりと声をかける。次に、いきなりお願いを切り出すのではなく、ポジティブな話題で相手との「気分一致」を図る。


「最近仕事が楽しくって」

「前に教えてもらったことが最近分かってきました」

といった好感度をアップさせる台詞をはさむのが重要だそうだ。ちょっとクサイけど、こういう言葉がすんなり出てくる女性を見ていると、オンナをうまく使っているなあ、と感心してしまう。


「相手によって態度を変える」の意味は、相手のタイプによって「甘え方」をチェンジしろということ。快活な人にはおだてから入り、冷静な人にはお願いをメモでまとめて話をする、といったテクニックが有効だという。


失敗したら「次やったら、うんと叱ってください!」


さらに大事なことは、甘えのお願いをした後に「相談してよかったです!」と明るく締めくくること。「すみません、お願いします」と低姿勢すぎたり、「申し訳ありません」とメソメソするよりいいという。


仕事で失敗したときも、ときには明るく振る舞った方がいい場合もあるようだ。「職場のシーン別甘え方実践編」では、「失敗バンカイ編」として、


「次やったら、うんと叱ってください!」

というハイレベルの甘え方が推奨されている。大事な取引先との打ち合わせで名刺を忘れてしまったときでも、苦い顔をしている上司に「快活な対応でヤル気をアピール」するのだという。


ポイントは「失敗の記憶を上司の脳裏に残さない」こと。なんかドラマの台詞みたいで、口にするのは恥ずかしい気もするが、自分としても気分を切り替えることができるのだから、ためらう必要はない。


これが「強いメンタル」というものなのか! 思い起こせば仕事で失敗して「すみません、すみません」とばかり繰り返すダメ社員だった…。昔の私に教えてあげたい。


でも、アンケートによれば「女子であれば誰が甘えても許されるわけではない」というところが気になる。そんなのは若いうちだけとか、好みの子以外は「単なるワガママ」だとか。甘え方がうますぎると、かえって計算高そうで怖くなるの!? 要求が細かすぎやしないか。甘え上手のさじ加減は難しい。(池田園子)