世界初 ブルガリ阪急うめだリニューアルでインストアカフェを併設

写真拡大

 「BVLGARI(ブルガリ)」阪急うめだ本店が、世界初となるインストアカフェを併設して10月25日にリニューアルオープンする。現在表参道に出店中の「Il Café(イル・カフェ)」を売場面積135平方メートルの店内に展開。カフェ店内のインテリアデザインは、「Il Café(表参道)」や銀座の「Il Ristorante(イル・リストランテ)」と同様にイタリア人建築家アントニオ・チッテリオ&パートナーズが担当する。

ブルガリ世界初のインストアカフェの画像を拡大

 「BVLGARI」阪急うめだ本店内の「Il Café(大阪)」は、座席数40席。アントニオ・チッテリオ&パートナーズが手掛けた内装は、明るい色調をベースに黒のレザーでシャープ感を加え、ブロンズ調のファブリックやチーク材を使っている。提供する料理には、イタリアから直輸入したチーズやハムを使用。シンプル・エレガンスが基本のイタリア伝統料理や他店舗で人気の「トマトのスパゲッティ」「山羊のチーズとレモンピール」など、バリエーション豊富なメニューを用意する。また、2007年に日本で誕生し、メートルショコラティエ三浦直樹によってハンドメイドされる「BVLGARI」チョコレートが並ぶコーナーもカフェ内に併設される。

 「BVLGARI」史上、世界初の試みについて「ブルガリ ホテルズ&リゾーツ」のエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントを務めるシルビオ・ウルシーニ は「『Il Café(大阪)』のオープンにより、顧客やその友人、知人の方々を『BVLGARI』流のコンテポラリーな空間にておもてなしできることになります。イタリアの伝統的な食文化を堪能して頂ける機会を提供できると確信しています」とコメントを発表。リニューアル後の「BVLGARI」阪急うめだ本店はジュエラーならではのきらめきを想起させるスタースキンウォールを特徴とし、床面にもスターモチーフの装飾が施される。