痛みには3つの種類がある!? 約2,000万人が保有する”慢性疼痛”って何?

写真拡大

「今日は何の日?」カレンダーを見ていたら、10月20日には「疼痛(とうつう)ゼロの日」と書かれていた。

「疼痛」という言葉を初めて目にした人も多いかもしれないが、名前は聞いたことがあっても、どのようなものなのかよくわからない人も多いのではないだろうか。

国際疼痛学会の定義によると、「実際または潜在的な組織損傷に伴って起こるか、またはそのような言葉を使って述べられる感覚的・情動的な不快な体験」とのこと。

つまり、疼痛とは「痛み」全般を指す言葉のようだが、これだけでは漠然としていてわかりにくい。

しかしながら、日本慢性疼痛学会のホームページによれば、全人口の約14〜23%もの人が慢性疼痛を保有しており、治療に満足しているのは患者の約1/4にすぎないという。

これほど多くの人が悩まされている疼痛とは具体的にはどのようなものなのか、どのような治療法があるのだろうか。

日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野・主任教授 小川節郎氏にお話をうかがった。

――疼痛とはいったいどんな痛みなのでしょうか?小川教授「【疼痛】とは【痛み】と同じ意味です。

痛みは、『1.炎症・刺激による痛み(侵害受容性疼痛)』『2.神経の痛み(神経障害性疼痛)』および『3.心理社会的問題からくる痛み(心因性疼痛)』の3つにわけることができますが、『1と2の混合性疼痛』もめずらしくありません。

またこれらは、急性疼痛と慢性疼痛に分類できます。

『侵害受容性疼痛』とは、損傷を受けた部分に炎症がおこり、それが原因で発生する痛みのことです。

ケガや血管拡張による頭痛、肩関節周囲炎や腱・腱鞘炎、関節リウマチなどがこの痛みに該当します。

これらの痛みはもとになっている炎症が治まると同時に痛みも緩和されるのが特徴的ですが、長い期間続くこともあります。

『神経障害性疼痛』は、見た目には傷や炎症はすでにないものの、神経が傷つくことによって起こる痛みのことを指します。

ケガや手術などで神経を傷つけた場合はもちろん、ウイルス感染や糖尿病などの代謝障害、がんなどの腫瘍による圧迫や、神経組織にまでウイルスやがん細胞が広まることでも神経が傷ついて発生します。

具体例としては、帯状疱疹後神経痛や、糖尿病性神経障害に伴う痛み・しびれ、坐骨神経痛、三叉(さんさ)神経痛、脳卒中後疼痛や脊髄損傷後疼痛などが挙げられます。

『混合性疼痛』のように、両方の痛みをあわせもつ痛みとしては、慢性腰痛や首から肩・腕にかけて痛みやしびれなどを感じる頸肩腕(けいかんわん)症候群、女性に多く、手がしびれるような痛みを感じる手根管(しゅこんかん)症候群、がん性疼痛などが挙げられます」――『侵害受容性疼痛』は物理的な痛みかと思うのですが、『神経障害性疼痛』の神経の痛みとは、どのようなものなのでしょうか?小川教授「手を切って血が出るときの痛みは、組織が壊れることによって感じる痛み(侵害受容性疼痛)です。

急性のものなので、炎症がおさまれば痛みも感じなくなります。

これに対し、神経の痛みとは、炎症がおさまっても痛みが継続するので、ケガの治療後も痛みが継続する場合は神経の痛みといえるでしょう。

ズキズキしたり、ヒリヒリしたりするような痛みが特徴です」――神経の痛みは、時間経過とともに強まるものなのでしょうか?小川教授「病気の種類にもよりますが、必ずしもそうとは限りません。

痛みが増す人もまれではありません。

特徴としては、天候や体の調子によって、痛みに波があります。

触るとビリビリするような痛みも、神経の痛みの特徴です」――痛みを感じたらどうすればいいでしょうか?小川教授「通常では治ってしまうと思われる日時を過ぎても痛みが続く場合は、すぐに病院へ。