大分県別府にて、競輪場やお寺でひとっ風呂? 別府のユニーク温泉

写真拡大

日本一の源泉数と湧出量を誇る大分県別府市では、市街地のあちこちに温泉が噴出している。

そのため、温泉施設の数は郵便ポストの数より多いとか。

そんな湯の街では「えっ、こんな所に?」という意外な場所に名湯がある。

というわけで、この街だからこそ出合えるユニーク温泉をレポートしよう。

別府八湯のひとつ「観海寺温泉」の入り口にあり、食事をした人は温泉に入れるという「焼肉慶松苑」。

温泉サービスは昭和54年(1979)のオープン時から。

元旅館だったという造りを生かし、温泉好きのご主人が手入れしてお客さんに開放している。

焼肉店の横にある風呂は、野趣あふれる岩風呂。

いざつかってみると、おお天国。

少し青みがかった湯はやさしくて気持ちよく、身体はポカポカ。

温泉成分で配管が詰まらないよう、コンディション維持にいつも汗を流すご主人の愛情も温かい。

●information 焼肉慶松苑 別府市南立石2062-1 続いて紹介するのは、観海寺温泉の背後、立石山の中腹にある「いちのいで会館」。

本業は仕出屋さんだが、店内で食事をすることもでき、食事した人は入浴もできるのだ。

温泉は食事したお客さんへのサービスという位置づけで、店を訪ねるとまずは風呂へどうぞと案内される。

風呂場は食事処から歩いてほんの数分のところ。

木立に囲まれた「金剛の湯」と、プールのように広い「景観の湯」の二つの湯が男女日替わりで利用できる。

素晴らしいのは景観の湯で、最初は神秘的なブルーの湯にびっくり。

続いて湯船から眺める景色のすばらしさにも驚かされる。

肌に気持ちのいいお湯を堪能しながら、のびのび開放的な気分にもたっぷりひたれる。

しかも、温泉を満喫した後は、大分の郷土料理、だんご汁定食が待っていた。

●information いちのいで会館 別府市上原町14-2 開創1044年という歴史ある寺にある温泉で、源泉は地獄巡りのひとつにもなっている「龍巻地獄」から引き湯している「長泉寺薬師湯」。

地元の人に利用してもらおうと前住職が浴槽を設計し、家族総出で手作りしたというありがたい温泉だ。

訪ねてみると、湯屋の中には、大人3人がつかればいっぱいという感じの浴槽があるシンプルな造り。

入浴料の表示はないが、おさい銭を置いていくのがマナーのようだ。

つかってみると湯は肌にやさしく、二の腕あたりをなでてみるとすべすべに。

飲んでみると酸味と鉄分が感じられ、胃腸によさそう。

「地獄」で出合った湯は極楽であった。

●information 長泉寺薬師湯 別府市野田4-2 さらに別府には、競輪場にも温泉がある。

その名も「競輪温泉」。

しかもレース開催期間中は無料で入浴できる。

浴槽はいかにも共同湯というイメージの長方形で、透明な湯が湯船からあふれ流れている。

つかってみると、かなり湯は熱めで、身も心も引き締まる思い。

これなら、レースでエキサイトしたお客の心身も一気に引き締まるに違いない。

ちなみにこの温泉は、入浴だけの利用も可能だ。

 さてお次は「別府ラクテンチ」をご紹介。

こちらは、別府市街を見下ろす立石山中腹にある遊園地で、開園は昭和4年(1929)。

気軽につかれる足湯のほか、大浴場や露天風呂が整備され、来園者はなんと無料で利用できる。

つかってみると、さすがの見晴らし。

晴れた日は四国まで望めるというロケーションは最高。

心ものびのび遊ばせることができた。

最後に紹介するのは、自宅の一部が喫茶店とギャラリーに改装されている、アットホームな雰囲気の「茶房たかさきの湯」。

手作りの自宅用温泉を喫茶店利用者に開放している。

ご主人は別府八湯に入りつくした温泉名人で、別府八湯名人会初代会長だ。

源泉は高温だが、天候や気温を見ながら湯だめ時間を調整し、源泉100%の素晴らしい湯加減をキープしているという。

つかってみると、なるほどちょうどいい温度。

ご主人の温泉への愛情とこだわりが実感できる隠れた名湯。

●information 茶房たかさきの湯別府市朝見1-2-11  別府にはこの他にも様々な変わり種温泉が存在している。

この地を訪れるならぜひ、ガイドブックにはなかなか載らない、「自分だけが知っている温泉」を見つけてみてほしい。