約9割の妻が「2.5世帯住宅」を検討しても良いと回答-アイシェア

写真拡大

マーケティングリサーチを行っているアイシェアは、「2.5世帯住宅」に住む「妻」の本音を調べるためにネット上で調査を実施。

既婚で小学生以下の子どもを持つ妻431名(20歳から45歳)のアンケート結果を公開した。

調査期間は9月28日から10月2日。

「2.5世帯住宅」とは、子世帯と親世帯に加え、(子世帯の)独身の兄弟もしくは姉妹が一緒に暮らすための住宅のことを指す。

「あなたは『2.5世帯住宅』で、夫の親と、夫の姉と一緒に暮らすことについてどう思いますか?」と尋ねたところ、検討してもいいと思う「アリ派」は86.1%となり、検討したくない「ナシ派」の13.9%を大きく上回る結果となった。

また、「『2.5世帯住宅』で夫の親、夫の姉と一緒に暮らすことを検討してみてもいいと思う理由として、景気の先行き不安や、近いうちにあると言われている消費増税も関係していますか?」という質問では、75.7%の人(「関係している(31.8%)」と「少し関係している(43.9%)」の合計)が「関係している」と回答している。

「アリ派」に対して、「『2.5世帯住宅』についてあなたがメリットと感じていることは?」と聞いたところ、1位「新築購入の費用を夫の親に協力してもらえるかもしれない(46.1%)」、2位「憧れの新築住宅が手に入る(43.7%)」、3位「夫の親に育児(送り迎えや留守番、教育)などの協力をしてもらえる(41.5%)」、4位「みんなで住むことによって、光熱費やガス代、食費、通信費などを節約できる(41.0%)」となり、経済的負担の軽減と子育てに対する支援が上位を占めた。



続きを読む