はとバスツアーの最新人気コース




東京観光と言えば『はとバスツアー』。はとバスの東京観光は昭和24年(1949年)3月から運行されています。東京が変化するにつれ、観光コースの内容も変化しているようです。最近の人気観光コースはどんなものでしょうか? 株式会社はとバス、広報室主任の小野恵子さんにお話を伺いました。



■スカイツリー天望デッキが人気



――はとバスさんは色んなツアーコースを持っておられますが、最近の人気コースがあったら教えてください。



小野主任 東京スカイツリーができてから人気はそちらに偏ってます。東京スカイツリーの天望デッキ入場付きのコースが人気ですね。



――なるほど。そのコースに申し込めば、自分で買わなくても天望デッキの入場券が付いてくるわけですね。



小野主任 ええ。私どもで天望デッキの入場券を毎日一定数確保していますので。コースに来て頂けたら素晴らしい展望をご覧頂けますよ(笑)。



■いわゆる「観光スポット」巡りではないツアーがヒット!



――珍しい企画のコースはありますか。



小野主任 例えば2010年の4月から運行している「話題の川崎工場 夜景スポット」というコースがあります。一般には入れない展望スポットをはじめ、知られざる工場夜景スポットを数箇所巡るコースなんですが、「工場萌え」の方々から支持されています。夕食はコリアンタウンで焼肉を食べて頂きます。



――それはちょっと行ってみたいですね。好きな人が結構いるのではないでしょうか?



小野主任 この「工場夜景コース」より少し早い、2010年の3月には「東京ただ今工事中」というコースを作りました。当時まだ工事中だった東京スカイツリーと東京ゲートブリッジを見られるものでしたが、これが人気を呼びまして。企画の時点では「大丈夫なの?」なんて言ってたんですが(笑)。



――工事現場を好きな人っていますからね。



小野主任 そうなんです。工事現場を見たいお客様が多いとわかりましたので、他のコースでも、東京スカイツリーの建設現場を通って東京駅に戻るとか、そういうサービスを行ったりました(笑)。いわゆる「観光スポット」巡りではないツアーがヒットする傾向にあります。



――東京では大規模開発をやってますから、そういうツアーコースはまだまだできそうですね。他に最近人気のコースがあれば教えてください。



小野主任 「江戸味覚食い倒れツアー」というコースも人気です。三食それぞれ美味しい物を召し上がって頂けます。朝食はお寿司、昼食は天ぷら、夕食はあなご丼です。これに雷おこしのお土産がつきます。



――それは豪華ですね(笑)。いくらのコースでしょうか。



小野主任 大人9,980円、子供6,480円です。



――それはお得かも(笑)。普通に食べに行ったら、合計がその価格を超えるような気がします。



小野主任 なので人気を頂いております(笑)。



■はとバスツアーは年間100万人の人気!



――はとバスツアーを利用されるお客さんは年間どのくらいの数ですか?





小野主任 東京観光ツアーで年間70万人、関東近郊の観光ツアーで年間30万人、合わせて100万人ですね。



――年間100万人はすごいですね。外人さんの利用も多いのでしょうか。



小野主任 外国の方は3.11の震災以降ぐっと減りまして、まだ以前のお客様の数字までは戻っていないというのが正直なところです。需要は戻りつつありますけれども。



――最近のお客さんの傾向があったら教えてください。



小野主任 若い方、カップルで参加される方が増えていると思います。最近の若い人は運転免許を取らない人が多いようで、バスツアーで観光というのは便利なんでしょうね。



――運転しなくていいので、お父さん達も助かるかもしれませんね。



小野主任 そう思います。バスツアーだとお父さんが運転でヘトヘトなんてことありませんし。



はとバスツアーのコースは本当にバラエティーに富んでいます。デートに使いたい「東京夜景クルージング」から「ニューハーフショー」なんてものまで。見ていると行きたくなります。みなさんは、はとバスツアーを利用したことありますか?







(高橋モータース@dcp)