東京都・吉祥寺で開催! 猫だらけの「吉祥寺ねこ祭り2012」レポート

写真拡大

吉祥寺ねこ祭り実行委員会は、東京都吉祥寺で地域密着型イベント「吉祥寺ねこ祭り2012」を開催している。

開催期間は1日から31日まで。

「吉祥寺ねこ祭り2012」は、2010年から開催されている吉祥寺の祭り。

今年で3回目となる。

地域活性化と、人と猫が共生する街づくりを目的としている。

吉祥寺内のレストランやギャラリー、カフェや雑貨屋で、猫に関するさまざまなイベントが開催されているとのこと。

「吉祥寺ねこ祭り2012」の参加店舗一覧は次の通り。

・猫カフェ「きゃりこ」・ドッグカフェ&犬猫グッズ専門店「CORE」・スペイン料理レストラン「ドスガトス」・ペットの専門店「タイアン武蔵野店」・キャットシッターサービス店「NEAR」・猫グッズの店「HIKOSEN CARA」・アートギャラリー「FACE TO FACE」・イベントギャラリー「横丁ギャラリー art&zakka」・猫の雑貨屋「わちふぃーるど 吉祥寺ラシカノイ店」JR吉祥寺駅の北口を出ると、洋服などの販売を行う「アトレ吉祥寺」が見えてくる。

店舗の一階には、およそ2メートルほどの猫のオブジェが。

今回の祭りにあわせて、武蔵野美術大学出身の若手アーティスト・湯浅美穂里さんが作成したとのこと。

同作品は、19日まで展示される。

駅前から徒歩3分ほどで、洋服屋や書店などの店が入っている大型店舗「コピス吉祥寺」に到着する。

同店の5階で、猫の皿や猫の箸置きなどの作品が展示されていた。

クラフト作家の作品を展示・販売している「CRAFT Fav.吉祥寺」が開催しており、猫のブローチや置物、コップや皿などが展示され、販売されている。

壁際には猫のイラストも飾られていた。

黒猫や三毛猫などの猫が描かれており、淡い色使いが特徴だ。

展示スペースの真ん中には、大きくカラフルな猫の作品が。

近づいてよく見てみると、小さなビーズがあちこちにちりばめられている。

また、作品の中にはとてもリアルで肉感のある猫の置物もあった。

まるで本物の猫をそのまま縮小したかのような作品である。

小さな猫たちが思い思いのポーズでくつろいでいる作品もあった。

こちらはオブジェではなく、なんと箸置き。

なお、同展示会は21日まで開催とのこと。

営業時間は10:00から21:00。

猫の雑貨屋「わちふぃーるど 吉祥寺ラシカノイ店」も、今回の猫祭りに参加している。

同店では、絵本作家池田あきこ氏の代表作・「ダヤン」シリーズのグッズを販売している。

同氏の絵本に出てくる猫のキャラクター「ダヤン」のプリントされたグッズが、店内にところ狭しと並んでいる。

洋服やマグカップ、財布やカレンダーなど、ファンにはたまらない商品ばかりだ。

同店では、20日まで「わが家のダヤン・猫写真大募集!」のイベントを開催している。

自慢の「うちの子」の写真を持参し、店舗内に飾ってもらうというもの。

同店の営業時間は11:00から20:00で、年中無休。

場所は吉祥寺南町1-17-9 メゾンブランカA1号。

オリジナル猫グッズの店である「HIKOSEN CARA」も、今回の猫祭りに参加している。

店を訪れると、早速入り口に巨大な猫のぬいぐるみが置いてあった。

店内においてある商品は、すべて猫がテーマとなっている。

大きな黒猫のバッグや、猫がプリントされたマフラーなどが販売されていた。

店内はどこを見渡しても猫だらけ。

肉球の形をしたポーチやストラップなども置いてあり、プニプニとしたさわり心地も本物そっくりだ。

こちらは猫が描かれたエキゾチックなネックレス。

少し大きめであるのが特徴で、それぞれのネックレスには黒猫や白猫などの猫たちが描かれている。

同店の営業時間は、11:00から20:00。

場所は吉祥寺本町1-2-4。