ブラック・アイド・ピーズにゲーム会社が約7,800万円の損害賠償を請求

写真拡大

ブラック・アイド・ピーズが、ダンスゲーム『ザ・ブラック・アイド・ピーズ・エクスペリエンス』のiOSバージョンを巡ってゲームメーカー大手のユービーアイソフトから100万ドル(約7,800万円)の損害賠償を求める訴訟を起こされている。

同バンドをフィーチャーしたこのゲームは、昨年11月にWiiとXbox 360のバージョンが発売され、iPhoneとiPadのポータブルバージョンも開発が進んでいた。

今回ユービーアイソフトが訴えに出たのは、同社がiPhoneとiPad用のiOSバージョンの開発のためすでに23万3,000ドル(約1,800万円)を投資しているにも関わらず、同バンドがユービーアイソフトからの承認願に一向に反応を示さないのが理由だという。

ユービーアイソフトが提出した訴状には、次のように記載されている。

「2012年3月以降、弊社の再三の要請にも関わらず、BEPミュージック側は書面、もしくはその他の手段によって弊社のiOSゲームの承認、または不承認という通知を怠った契約不履行の状態にあります。

弊社は契約内におけるあらゆる必要な措置を行使しましたが、それを受けてBEPミュージック側が要請を受けたわけでもなければ、法律上での実力行使に出たわけでもありません」ユービーアイソフトは、ゲームの開発費用、さらに逸失利益を理由に100万ドル(約7,800万円)の損害賠償を求めている。

(C)BANG Media International