この猫はどんな猫!? 猫種を学んでみよう (8) やきもち焼きでスキンシップが大好き! -オリエンタルショートヘア

写真拡大

■オリエンタルショートヘアの歴史オリエンタルショートヘアは、イギリスを原産とする猫種。

1950年代のイギリス国内で、土着の白猫とシャム猫を交配させ、顔や耳などの色が濃くならない真っ白なシャム猫を作り出そうという動きがありました。

その結果、ブルーアイと白い被毛を持つ猫が誕生します。

この猫を繁殖させるために、白色の優性遺伝子を持つ白猫との交配が続けられましたが、この遺伝子は白色の裏にさまざまな毛色や模様を発現させる遺伝子だったため、被毛にはグレーやブラウンなどの色が現れます。

白いシャム猫を作ろうとして偶然誕生したこの猫種は、オリエンタルショートヘアーと名づけられ、その後熱心なブリーダーたちの手によって1977年に米国で公認されることとなります。

なお、オリエンタルショートヘアーの猫でロングヘアを持つものは、シャムに長毛の遺伝子が紛れ込んで誕生した突然変異種ですが、現在は「オリエンタルロングヘア」として別個に分類されています。

■オリエンタルショートヘアの特徴と性格「猫の理想形」とも言われるシャムの血統を受け継ぎ、細く長い四肢とスリムなボディーを持っています。

逆三角形の小さな顔と大きな耳、やや釣り気味のアーモンド型の青い目が神秘的な雰囲気をかもしだします。

いかにも猫らしい、気まぐれで甘えん坊な性格です。

ちょっとやきもち焼きでスキンシップが大好き。

個体によっては若干神経質な面も見られ、かまってあげないとすねてしまうこともあります。

大きな声で甘えてきますので、たっぷりの愛情を注いであげましょう。

■飼うなら…飼い主の膝にのぼったり、人間同士の会話に大きな声で参加するなど、とにかく人が大好きな猫です。

長時間ひとりでいることが苦手なので、親密なスキンシップが必要です。

長命で健康的な猫です。

やや早熟ですので、獣医師と相談の上、避妊手術は早めに行う方が良いかもしれません。

ブラッシングは日に1、2回で十分。

やや寒さに弱いので、温度管理に注意する必要があります。

■画像提供元ペットショップ「COO&RIKU」