山梨県富士桜高原麦酒の「ラオホ」が「ワールドビアアワード2012」で、世界一に

写真拡大

イギリス開催の世界のビールコンテスト「ワールドビアアワード2012」は、9月28日に受賞対象ビールを発表。

「Speciality Beer」部門において、富士桜高原麦酒のビール「ラオホ」が、World’s Best Speciality Beer(ワールド・ベスト・スペシャリティー・ビール)を受賞した。

「ワールドビアアワード」は、イギリスの出版社「Paragraph Publishing Ltd.」が主催。

2007年より開催し、年に1度、世界一のビールを決定している。

数多くの世界のビールの中から、第1〜3ステージを突破したビールが、「World’s Best Beer」に選ばれる。

このほど同社が受賞した「ラオホ」は、第1・2ステージを突破。

8つの部門のうち「Speciality Beer」部門で、世界一となった。

また、同社の「ヴァイツェン」は第1ステージを突破し、「Wheat Beer」部門の「Bavarian Hefeweiss」スタイルにおいて、世界一となった。

さらに、2012年大会より新設されたラベル部門において、「ピルス」が「Asia’s Best Label」を受賞した。