【Fashion Week DAY6】ミントデザインズのダークサイドとソマルタの生命力

写真拡大

【ファッションウィーク東京・ハイライト 6日目】「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2013 S/S)」開幕6日目の10月18日、都内各所で13ブランドがショーやインスタレーション形式で2013年春夏コレクションを発表した。「SOMARTA(ソマルタ)」が有機的な草花の生命力を表現する一方、単独でコレクションを開催した「mintdesigns(ミントデザインズ)」は無機質でダークなショーを繰り広げた。

ミントデザインズのダークサイドとソマルタの生命力の画像を拡大

 「mintdesigns」2013年春夏コレクションのテーマは「THE DARKSIDE ISSUE」。プロダクトから着想した先シーズンから一変し、"ミントの裏面"とする狂気的なコレクションを見せた。ポップなカラーやプリントを排除し、キーカラーは白と黒。「mintdesigns」らしい軽さを残しつつ、シャープなライン、猫や椅子など柄を反復させた織生地、丈の長さやヒール付きシューズなど、これまでにない強いイメージを与える。「あえて絞り込むことで違う面を引き出し、強い意志を示した」と話すデザイナーの勝井北斗と八木奈央は、「mintdesigns」のダークサイドと向き合うことで新しさを見い出した。

 「BLOOM」をテーマに神秘的なコレクションを発表した「SOMARTA」は、デザイナー廣川玉枝が訪れたオーストリアのアールヌーヴォー様式ユーゲント・シュティールからインスピレーションを得た。浮世絵などジャポニズムの影響を受けていることから、日本の美を意識したという。イラストレーターKITAJIROが描いた植物の精霊や植物画が多彩なプリントや刺繍になり、自然界の色とフォルム、グラデーションで光沢を帯びたボディウェア「スキンシリーズ」が有機的なコレクションを作り上げた。11月には、シンガポールで開催されるコレクションウィーク「2012 Haute Couture Week」の招待ブランドとしてオープニングショーの開催が予定されている。


■コレクションレポート(映像・画像)
・mintdesigns:http://www.fashionsnap.com/collection/mintdesigns/2013ss/
・SOMARTA:http://www.fashionsnap.com/collection/somarta/2013ss/