薬剤師の説明に「満足」は67% -調剤薬局/処方せん薬局に関する患者調査

写真拡大

「イプソス ヘルスケア ジャパン」はこのほど、特定疾患の患者を対象にした「調剤薬局/処方せん薬局に関する意識調査」の結果を発表した。

同調査は9月28日〜30日に行われたインターネットアンケート。

過去3カ月以内に、C型肝炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、関節リウマチ、てんかん、2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症、不整脈の疾患治療を目的として医療機関を受診し、現在処方せん薬を服用している、または投与を受けている20歳以上の患者を対象に、930名から回答を得た。

まず「もっとも利用している処方せん薬局はどこにあるか」を聞いたところ、55%が「普段通院している医療機関の近くにある薬局」と答えた。

また17%は「自宅から近いところにある薬局」と回答。

「その他の院外薬局」を含む院外薬局の利用率は74%となった。

「その薬局を利用すると決めた理由」については、「普段通院している医療機関の近くにあって便利」が69%で最多となり、「自宅、または勤務先から近くて便利」(17%)が続いた。

「ポイントがもらえる」ことをもっとも重視している患者はわずか2%だった。

普段利用している薬局において「処方せん薬を受け取るときの薬剤師の説明内容に満足しているか」を聞いたところ、67%の患者が「満足している」と答えた。

「不満である」と答えた患者は6%だった。