伊達政宗や真田幸村など、戦国武将をイメージした香りの「練り香水」が発売

写真拡大

雑貨の製作・販売を行う「まさめや」が展開するブランド「羽紋屋(うもんや)」は、戦国武将や幕末志士をイメージした練り香水「羽紋屋 練り香水」を11月30日に発売する。

価格は2,363円(10g入り)。

同商品は、香りがやわらかく、場所を選ばずに使えるのが特徴となっている練り香水。

「歴女」と呼ばれる歴史ファンの女性たちをターゲットにしており、伊達政宗には「月夜」、真田幸村には「桜花」など、香りをイメージしたタイトルが付けられている。

小さな缶に入っており持ち歩きがしやすいため、いつでも好きな武将の香りを身に付けることができるという。

販売は、全国の雑貨店、キャラクターグッズ取扱店、オンラインショップなど。

ラインアップは全15種類で、戦国武将の香りのほかに、土方歳三「朝露」、沖田総司「鈴蘭」、坂本龍馬「疾風」など、幕末志士をイメージした香りも取りそろえているとのこと。