「adidas NEO Label」新イメージキャラクターにジャスティン・ビーバーを起用

写真拡大

 アクティブな若者に向けてスポーツカジュアルスタイルを提案する「adidas NEO Label(アディダス ネオ レーベル)」のグローバル新イメージキャラクターにJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)が起用された。日本向けには現在、女子高生シンガーKylee(カイリー)がイメージキャラクターを務めており、今後も継続していくという。

adidas NEO Labelの新キャラクターの画像を拡大

 新たにイメージキャラクターとなったJustin Bieberは2013年春夏シーズンのルックブックに登場し、「Live Your Style(=好きであふれた世界にしよう)」のブランドメッセージのもと自身お気に入りの"NEOスタイル"を披露するなど今後様々な取り組みを行っていくという。また「adidas NEO Label」はJustin Bieberのライブ「Believe World Tour(ビリーヴ・ワールド・ツアー)」のサポーターも務め、ライブで着用予定の限定カスタマイズスニーカー「NEO ゴールド・スニーカー」をオンライン上で探し当てるキャンペーンを今回の契約を記念して11月19日まで実施する。

 「ずっと(ブランドを)大好きだった」というJustin Bieberは今回の起用を受けて、「"ファッション"、"自由"、そして"自分にウソをつかない"というスタイルが、僕とブランドとの間に本物のつながりを見出してくれているんだ。僕にとって"スタイル"とは、"冒険"や"何かを楽しむこと"であり、こうした信念がブランドコンセプトと共通する部分なんだ」とコメントを発表。「adidas」のCMOを務めるHermann Deininger(ハーマン・ダイニンガー)は「Justin Bieberは『adidas NEO Label』のブランドコンセプトでもある若々しさと楽しさに溢れたスピリットとエネルギーを兼ね備えている。彼のサポートにより、ブランドコンセプトに共感を持ち、ファッションを楽しむ若者がさらに増えていくことでしょう」と述べている。

■adidas NEO Label
 http://www.adidas.com/jp/neo/