ケルヒャージャパン、洗剤で浮いた窓の汚れを吸引するクリーナー「WV 75 plus」発売

写真拡大

清掃機器の製造販売を手掛ける「ケルヒャージャパン」は18日、窓用クリーナー「WV 75 plus」を発売した。

既に2009年に発売されている黄色のボディが特徴の「WV 50 プラス」の色違いで、ボディは白色となっている。

この商品は、汚れた窓にスプレーボトルから洗浄液を噴射。

ワイプパッド(マイクロファイバー製カバー)で伸ばし汚れを浮き立たせてから、水ダレや拭き跡を残さず電動で吸引する窓用クリーナー。

窓の掃除に加え、結露や入浴後の浴室タイルについた水滴も吸引可能で、カビの発生や湯垢(ゆあか)がたまるのを防ぐという。

また、蒸気で曇った鏡の洗浄にも使える。

ゴム製のワイパーヘッドは、大きな窓を効率よく掃除できる清掃幅280mmタイプと、細かい部分を掃除できる170mmタイプの2種類を装備。

用途によって使い分けが可能だ。

電源は充電式で、1回の充電で約20枚の窓掃除が可能。

重量も700gに抑え、女性でも負担のない窓掃除ができるよう狙った。

重荷家電量販店での発売で、価格はオープン。

市場参考価格は9,980円となっている。

詳細は「ケルヒャージャパン公式サイト」へ。



続きを読む