『紙の月』(角田光代著、角川春樹事務所)

写真拡大

角田光代さんの小説『紙の月』(角川春樹事務所、2012年3月刊)が、第25回柴田錬三郎賞(集英社主催)を受賞した。贈賞式は11月16日、帝国ホテル東京で行われる。

10月2日の選考会で決定した。同作は、勤務先の銀行から1億円を横領し、海外へと逃亡する中年女性を主人公とした作品だ。