「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2013」で15軒の新しい星が誕生

写真拡大

タイヤ製造メーカーでありレストラン・ホテルガイドの発行もしている日本ミシュランタイヤは、同社独自の基準で選んだレストランとホテルを紹介する「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2013」のセレクションを発表した。

今回掲載される施設は合計362軒。

レストランが273軒、ホテルが46軒、旅館が43軒となっている。

「三つ星(そのために旅行する価値がある卓越した料理)」には、京都5軒、大阪4軒、神戸2軒、奈良1軒のレストランを掲載。

「二つ星(遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理)」には、京都24軒、大阪14軒、神戸10軒、奈良3軒のレストランと、京都の旅館1軒が掲載され、「一つ星(そのカテゴリーで特においしい料理)」には、京都72軒、大阪81軒、神戸39軒、奈良18軒のレストラン、京都の旅館3軒が選ばれた。

また、日本料理では、京都2軒(「京天神野口」、「佐樂」)、大阪5軒(「彩葉」、「いわき」、「翠」、「ぬのや」、「料理屋 仲島」)、神戸2軒(「安愚楽」、「紫匂」)が初登場。

さらに、新日本料理の「星のや(旅館)」(京都)、居酒屋の「あぎやお」(京都)、ふぐの「いがらし」(京都)、「むつの家」(京都)、現代フランス料理の「Motoi」(京都)、そして中華料理の「シーフ」(大阪)が新しく掲載されている。

なお、同ガイドは10月19日に発売。

価格は2,520円となっている。