サッカー偉人列伝



今回は、サッカー界に名を残す偉人たちのおもしろエピソードを紹介いたします。といっても、ペレとマラドーナだけでとんでもない数のエピソードになってしまいましたので、若干、羊頭狗肉(ようとうくにく)な感じが否めません。とにかく、サッカー界のカリスマたちのおもしろエピソードをご覧ください。



●ペレにレッドカードを出して自分が退場させられた審判がいる

試合中、ペレが暴言を吐いたとしてレッドカードが提示されたが、そのことにファンが大激怒し、審判がグラウンド外に出される事件が起きた。一説によると、ファンは「紳士なペレが暴言など吐くわけない!」との理由で怒ったそうな。



●ペレは1試合で8ゴールを決めた

実働23年間で1281ゴールを決めているペレだが、かつて1試合で8ゴールも決めたことがある。まるでゲームである。



●ペレが出場する試合を見るためにアフリカの内戦が中断

1960年代にアフリカでビアフラとナイジェリアの内戦が発生し、ドロ沼の様相を呈していた。しかし、ペレがアフリカ遠征した際、ペレの試合が見たいという理由で48時間の間、内戦が一時停止したことがある。戦争を中断させるほどのカリスマ力だった。



●「私はペレだ」と言うと強盗が謝って帰っていった

1999年にブラジル国内で自動車強盗に遭ったペレだが、強盗に向かって「私はペレだが?」と言うと強盗は平謝りして帰って行ったそうな。



●マラドーナのために寄付金を!

サッカーを知らない人でもその名を聞いたことがあるであろうマラドーナ。彼が1984年にイタリアのナポリというチームへ移籍した際、移籍金が高額だったためナポリは一気に経営難に陥った。するとサポーターたちからものすごい額の寄付金が集まり、赤字解消。



その後マラドーナの活躍によって、ナポリは豊かな経済力のクラブに成長した。



●そんなのあるのかマラドーナ教

アルゼンチンにはマラドーナ教というのがあり、以下はそのマラドーナ教の戒律。

1. ボールを汚してはいけない。ディエゴ十戒において汝の別れを意味する

2. 汝、フットボールにおいてほかに神があってはならない

3. ディエゴとよきフットボール以外にみだりに愛を唱えてはならない

4. アルヘン・ユニを守り、代表選手を敬いなさい

5. ディエゴの奇跡を全世界に広めなさい

6. 聖なる言葉とそれが説かれる聖堂を祭りなさい

7. たった一つのクラブの名においてディエゴを語ってはならない

8. つねにマラドニアナ教会の教義を讃えることを忘れてはならない

9. 汝の息子のミドルネームにディエゴと名付けなさい

10. 短気になってはならない。それは汝の逃走をカメの歩みにする

ちなみにアルゼンチンには神の手教会というものもあり、マラドーナの誕生日に信者はそこに大集結する。あいさつは「メリー・マラドーナ」だとか。



●そんなのあるのかマラドーナの年号!

上記のマラドーナ教にはディエゴ暦(マラドーナの名前がディエゴ)というものがあり、現在はディエゴ暦51年。ようするにマラドーナが生まれた年からの年号なのだ。



といった感じで、サッカー界のカリスマ両名にはこういったいろいろなエピソードがある訳です。しかしこれらは氷山の一角。まだまだこのふたりにはおもしろいエピソードが隠されております。マラドーナの場合は、表立って伝えられないようなエピソードもあるものですが(笑)。



気になる方はぜひ調べてみてください!



(貫井康徳@dcp)