いすゞ、新エコカー減税対象の中型トラック「フォワード」8t車を発売

写真拡大

いすゞ自動車は17日、平成21年度基準低排出ガス認定を取得した中型トラック「フォワード」のGVW(車両総重量)8t車(一部車型を除く)を発売した。

価格は、「Fカーゴ」TKG-FRR90S2型で1,017万8,000円。

低排出ガス車認定制度は、平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制に対してNOx・PMともに10%以上低減するというクリーンな排出ガス性能が求められる制度。

低排出ガス車に認定された燃費基準達成車は自動車重量税・自動車取得税の特例措置(新エコカー減税)の対象となり、新車購入時の税額が減免される。

今回発売されたフォワードGVW8t車は、同制度の認定を取得しており、自動車重量税・自動車取得税が50%減税となる。

エンジン出力は、177kW(240PS)と154kW(210PS)の2タイプが用意されている。