松屋×三越「銀座をあたためる」第3回ギンザファッションウィーク開幕

写真拡大

 松屋銀座と銀座三越の共同開催によるファッションイベント「GINZA FASHION WEEK(ギンザファッションウィーク=GFW)」が、10月17日に開幕した。3回目となる今回は、「銀座をあたためる」を共通のテーマに掲げ松屋は「織る」、三越は「編む」のそれぞれ異なるキーワードから商品を企画・販売。オープニングには両店長が出席し、首元にロゴが下げられた"ひつじ"のぬいぐるみを交換して開幕を飾った。

ギンザファッションウィーク開幕の画像を拡大

 銀座三越の正面玄関を会場にオープニングセレモニーは開催され、「GFW」独自アイテムによるファッションショーを実施。松屋銀座は、尾州ウールをベースに「mintdesigns(ミントデザインズ)」やデザイナー信國大志などが手掛けたケープやコートを使ったコーディネートを披露し、銀座三越は新潟・福島・山形のニット三大産地と丸山敬太ら各デザイナーがタッグを組んだケープなどのアイテムで"あたたかい"ファッションを提案した。

 松屋銀座店長の上野一郎氏は、ウールの特性がいきるように50年以上前の織機を使ってスロースピードで編まれたカワイヨシロウ作の呉服を着て登壇し、「銀座に来る人々に、日本のものづくりの素晴らしさを再認識してもらい、買い物の楽しさを伝えられる1週間にしたい」とコメント。ニット地をテーラリングの技術で仕立てた「D by D*Syoukei」のジャケットを着用した銀座三越店長の安達辰彦氏は「前回も『デニム』というテーマを設けて日本のものづくりを発信したが、今回は異なるキーワードの『基』、『ものづくり』により深く入り込んで、デザイナーとの共同商品も増やすなど規模を拡大している。生産者にも訴えていけたら」と話した。売上は前年比10%増を目指すという。

 第3回「GINZA FASHION WEEK」では、震災以降の節電思考や経済の低迷が続く昨今、ファッションで心身をあたためることを狙いに「銀座をあたためる」をテーマに設定し、各店のキーワードから独自の商品を考案・販売。このほか、本日夕方17時からは「スペシャルナイト」と題してファッションショーとシャンパンサービスが行われ、20日・21日の両日には、GFW参加ブランドによるフロアファッションショーが開催される。