昭和電工相談役  
大橋光夫 
1936年、東京都生まれ。東京教育大学附属中学・高校(現筑波大学附属中学・高校)を経て、慶應義塾大学経済学部卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。61年昭和電工入社。専務取締役、代表取締役社長、取締役会長を経て、2010年より現職。

写真拡大

イタリアの歴史に強い興味を持ったのは30年ほど前のこと。イタリア出張の際、週末に時間が空きフィレンツェへ足を踏み入れたときの衝撃は今でも忘れられない。フィレンツェは500年前の歴史が遺る、ルネサンス期の代表的な街。日本とは別の世界がそこにあった。イタリアの歴史をもっと知りたい……そんな強い好奇心に掻き立てられ、出合ったのが、塩野七生さんの著書だった。

塩野七生著『ローマ亡き後の地中海世界』(全2巻)は、ベストセラーとなった『ローマ人の物語』の続編ともいうべき歴史巨編。上巻では地中海の真ん中に浮かぶ島、現在のイタリア特別自治州・シチリアからの目線で、西ローマ帝国が滅亡した後の中世ヨーロッパを描いている。

私は歴史本を読んで感動すると、舞台となった土地を訪れたい願望に襲われる。その場に立ち、主人公がそのとき何を思い、どう行動したか、その判断が正しかったのかなど想像を巡らす楽しさは何ものにも代えられない。帰ってきて本を読み直すと、前とは全く違う読み方になる。

塩野さんの本を読んでから、シチリアに行きたいという気持ちがふつふつと湧いてきた。2500年もの間、さまざまな民族から繰り返し侵略・征服されてきた歴史を持つシチリアの苦しさや辛さと、その歴史がもたらした文化・文明が融合され、今のシチリアにどのように息づいているかを知りたくなったからだ。そこで10年6月、シチリアを10日間ほど家内と一緒に訪れた。当初はゆったりとした旅を考えていたものの、現地に赴くと好奇心で血が騒ぎ、ついつい体が動いて飛ぶように歩いた。

その荒涼とした光景に圧倒的な印象を受けた。“ローマの穀倉”と言われた面影は今はなく、さまざまな侵略者の手によって緑は失われてしまったという。イタリアには何度も訪れたことがあり、北部と南部で違いがあることは知っていた。しかしシチリアは今も昔も南部イタリアではなく、あくまでもシチリアであった。シチリア人の心の中に独特の長い歴史を背負ったある種の憂いを感ずるのは、私だけではないだろう。

紀元前5世紀頃の神殿などが世界でもまれに見る保存状態で遺っており、それもまたシチリアが辿った悲惨な道のりを色濃く映し出していた。紀元前8世紀頃にギリシャの植民地となった後、ローマの支配下となり、イスラムやノルマン人、さらにはフランスやスペイン系などさまざまな民族の侵略を受け、破壊と創造が繰り返されて、異文化との融合がなされた。もともとの建築物に新しい文化や建築様式が加わりながら今も残る姿は、まざまざとその歴史を物語っていた。

一方、シチリアの過酷な歴史を知れば知るほど、日本の恵まれた歴史が奇跡に近いものであるということに思いが至る。日本は地理的条件もあり、侵略をほとんど受けず、稀有な発展を遂げた国家なのだ。欧州からは遠く極東に位置し、隣の大国である中国やロシアは荒海の向こう側にある。蒙古の襲来はあったが、大きな打撃を受けるには至らず、太平洋戦争後のアメリカ占領下でも直接統治されたわけではなく、その後の復興は我々日本人の誇りである。

また、宗教でも日本は独特の立ち位置にある。歴史上、戦争の背後にはしばしば宗教があったことは否定できない。現代でも、特定の宗教が頑なに主張を押し通そうとすることで国際的な軋轢が生じていることは事実だ。その点、日本は宗教に対して寛容で他者を責め排除するのではなく、認め合う包容力を持っている。

しかし近年、東アジアは北朝鮮問題で緊張を高めつつあり、日本も無縁ではいられない。日本にはこの危機感があまりに希薄だ。日本の役割は危機感を認識すると同時に優れた精神性を、国際的な緊張の解消にいかに活かすかだ。民族紛争や宗教間の対立など国際間紛争の調停にこそ、元来日本人が持つ寛容さが発揮されるべきだろう。今こそ日本人は侵略にさらされなかった幸運に感謝し、享受してきた歴史的な幸せを国際貢献に役立てるときだ。

話を元に戻そう。シチリアにも社会が安定し、栄えた時代がある。9世紀半ばから13世紀半ばにかけての約400年間だ。前半約200年間はイスラム支配下、後半約200年間はノルマン人の支配下において、キリスト教とイスラム教の共生が実現したのだ。異文化との対立と共生を経験してきたシチリアの歴史を紐解けば、その対立がいかに無駄なものであり、逆に、お互いを認め共生・融合することがいかに繁栄に有益であるかが、よくわかる。

大橋氏は昭和電工に入社してからほどなくして、米カイザー・アルミナム、八幡製鉄との合弁プロジェクトに携わる。その後も、昭和電工はポリエチレンでは新日本石油や三菱化学とアライアンスを結び、ポリプロピレンではオランダのモンテルグループと提携を行った。氏は、これらの経験が「客観的に昭和電工の文化を見るいい機会」であり、「それがあったからこそ、社長になってから思い切った企業文化と事業構造の変革を実行できた」と語る。

これらのプロジェクトは、昭和電工に異文化との融合をもたらした。異なる企業文化、あるいは外国企業との共同プロジェクトは昭和電工の新しい礎を築くのに大きな役割を果たしたのだ。一方で昭和電工は1990年代にアメリカでPL法に基づいた訴訟で苦しんだ。これも、氏に異文化を認識、理解することの難しさ、そして重要性を認識させた出来事だったのではないだろうか。

企業のグローバリゼーションが進展する現在においては、自国企業のみならず、他国企業、他国文化との接触は避けられない。そこで摩擦や軋轢が生じれば、企業は打撃を被る。合併や合弁、提携においても、内部の異文化との抗争にエネルギーを使ってしまうと、企業は疲弊してしまう。しかし、異文化とうまく融合できれば効果も大きくなり有益な多くのものを得ることができる。

今の若い人は、身の回りにのみ関心を示し、自分と異なるものには関心がない、という話を聞く。異なるものへの関心の低さは、向上心や問題意識の欠如にも通じるのではないか。「出世をしても給料はさほど上がらないのに責任ばかり負わされる。それなら現状のまま定年を迎え、退職金をもらってゆったり暮らしたほうがいい」と考えるビジネスマンも少なからずいるようだ。

もちろん私も、社長になることを目指して仕事をしてきたわけではない。しかし問題意識だけは常に持っていた。若いときから「自分ならこうするけど、今はそうなっていないな」ということに出くわすたび、メモを書いてストックしていた。そして社長に就任した際、それらを読み直した。なかには、若かりしときの浅はかな考えのメモもある。しかし自分がリーダーになったときには必ずや実現したいという強い信念がそこかしこに刻み込まれていた。

名誉欲で出世したいと思う必要はない。だが出世しなければ実現できないことがあることも事実だ。縁あって入った会社を、少しでも理想に近づけたいという意欲を持って仕事をしてほしい。それこそが「自己実現」と言えるだろう。

読書から学ぶことは数多い。人は歴史や自らと異なるものを知って初めて、自らが向かうべき方向を学ぶことができる。私は、本をただ読み流すだけでなく、感じ取るものがあるページや特定の行に傍線を引いてメモをとるようにしてきた。それが積み重なると自分の糧になるものが増えてくる。問題意識を持ちながら読むことが重要なのだ。

※すべて雑誌掲載当時

(小澤啓司=構成 小原孝博=撮影)