ロンドンのスーパー事情
ロンドンにも日本と同じように多くのスーパーがあります。

価格や品揃えは、スーパーの種類や規模にもよりますが、
何といっても日本同様、「スーパーは飽きることがない!!」

もちろん人それぞれではありますが、
日本のスーパーとあまり大きくは変わらないかもしれません。

今回なぜそれを紹介しようと思ったのか…
その理由のひとつは「大きさ」にあります。

その「大きさ」に注目しつつ、ロンドンに数あるスーパーの中から特に、
店舗の数や多くの人が利用するスーパーを少し見てみようと思います。

Marks&Spenser(マークス&スペンサー) 以下M&S



Waitrose(ウェイトローズ)



Sainsbury's(セインズベリー)



Tesco(テスコ)



スーパーにはそれぞれ格差の様なものがあって
M&Sとウェイトローズは少し高級なスーパー、
セインズベリーやテスコは比較的庶民的なスーパーという印象があります。

価格や品質に著しい差はないのですが、みんなそういう印象を持っていて、
何が劣ると言う訳ではないですが、
健康に気をつけたい時は少し高級なスーパーを利用したり、
用途に合わせてスーパーを選んだりして、時にはスーパーをハシゴしてみたり…

日本ではあまり見られないですが、
別々のスーパーが隣同士に建っていたり、まとまったエリアに3軒ある所もあるんです。



見づらいかもしれませんが、この写真の中に「セインズベリー」「ウェイトローズ」「M&S」が入っています。

スーパーの中は基本的に、
ベーカリーコーナーがあり大量の食パンエリア、





しかも食パンはほとんど1斤単位で販売されています。

それから野菜や果物、お肉などが大量に陳列されています。











種類はもちろんですが、この大きさや1パックの量に驚きます。

こんなサラダバーもあったりします。



他にもお菓子はもちろんのこと、飲み物やお酒類も充実しています。













特にスナックやチョコレート、クッキーの大きさや種類の多さはどのスーパーも同じで、
一見こんなに大きいサイズは食べきれないと思いがちです。

しかし一回食べてしまえば何のその。
人間の慣れとは怖いものですね。
渡英して1年と少しの私ではありますが、容易に完食出来るようになってしまいました。

また、よく見られる表示が、このようなもの。









2つで£4や3つで£10、他にも3つで2つ分の値段だったり、
2つ買うと値引きされる事が多いのですが、
何より1つでもサイズが大きいので一人暮らしには不利な値引きが多いんです。

デザートひとつのサイズもこんなに大きいサイズを見ると、
少し引いてしまいますね。



このカップ、隣に陳列されている750mlのペットボトルと変わらない大きささんです。

牛乳は500mlから4ℓ、コーンフレークも業務用の様な大きさまで売っています。





日本人との消費の量の違いが顕著に現れていますね。

また、イギリス人はイベントを大事にする様で、
季節やイベント毎の商品がたくさん並べられます。

例えば女王の即位60周年記念やオリンピック記念のグッズ、
今はちょうどハローウィンの前なので、大きなカボチャ(くり抜く用)が売られていました。



イギリスのスーパーにも日本と同じように、
スーパーそれぞれのブランドの商品もたくさんあって、少し安くなっていたりもします。









紅茶や調味料の種類も豊富でお土産にも最適です。

庶民派すーぱーのテスコには、日本でも人気の「クリスピークリームドーナツ」が
手軽に頂けますよ。
残念ながら出来立てではありませんが、気軽に買えるというのが魅力的ですよね。



日曜日や場所によっては平日も早く閉まってしまう所もありますが、
ほとんどのスーパーが夜遅くまでやっているので、観光を終えて寝る前の少しの時間や
ちょっと時間の出来た暇つぶしにでも是非覗いてみてはいかがでしょうか。

リーズナブルなお土産に出会えるかもしれませんよ。

“M&S”
Web: http://www.marksandspencer.com/
衣服や日用品を売っている店舗もあります。

“Waitrose”
Web: http://www.waitrose.com/

“Sainsbury's”
Web: http://www.sainsburys.co.uk/

“Tesco”
Web: http://www.tesco.com/