富山県の”焼肉スパゲッティ”ってなんだ?

写真拡大

富山県には「焼肉スパゲッティ」なるものがあるらしい。

この名前を聞いて、皆さんはどのようなものを想像するだろうか。

焼肉がのったスパゲッティか、それとも、焼肉とスパゲッティがセットになったメニューなのか。

どちらにせよ、焼肉もスパゲッティも筆者の大好物! これは調べなければと、早速調査を開始することにした。

意気込んで調査をはじめたのはいいが、早速行き詰まってしまった。

喫茶店でメニューを広げるも、「焼肉スパゲッティ」という名前の料理が見つからないのだ。

頭を抱えつつ調査を続けていると、目についたのは「総曲輪(そうがわ)焼きスパ」の文字。

「焼肉スパゲッティ」=「焼スパ」!? なにか共通点があるかもしれない。

「総曲輪焼きスパ」を提供している、「喫茶チェリオ」の方に「焼肉スパゲッティ」のことを聞いてみた。

「『焼肉スパゲッティ』は30年以上前から『喫茶チェリオ』にあるメニューです。

2年ほど前に『総曲輪焼きスパ』という名前に改名しました」と、唐突の質問にも関わらず、丁寧に答えてくれたのは喫茶チェリオの稲垣さん。

「喫茶チェリオ」は富山県富山市の中心部に位置する総曲輪という町にある、昭和10年(1935)創業の老舗喫茶店だ。

店舗は何度か移転したとのことだが、店内には創業当時を思わせるレトロな雰囲気が残っている。

アンティークな趣の「直角座り」のイスも、布は張り替えているが、旧店舗の時から同じ物を使用しているという。

稲垣さんは「喫茶チェリオ」の3代目。

初代の稲垣正二さんは戦時中、海軍にいた時に横浜で出合った喫茶店にほれ込んだ。

「地元にもこんな喫茶店をつくりたい」と、「喫茶チェリオ」を開店したと聞いているという。

「焼肉スパゲッティ」こと、「総曲輪焼きスパ」がつくられた経緯も聞いてみた。

「純喫茶だった『喫茶チェリオ』は、中高年の女性が主なお客さんでした。

そこで、もっと若い人たちにも親しんでもらえるメニューを作りたいと思い、初代が考案したのが『焼肉スパゲッティ』だったんです」と稲垣さん。

そして2年ほど前、富山総曲輪発のB級グルメを目指して、町の名前を頭につけた「総曲輪焼きスパ」に改名。

総曲輪の商店街がにぎわってほしいという思いを込めて、この名前にしたという。

その「総曲輪焼きスパ」だが、見た目はまるで焼きそばのようだ。

ソースには焼肉にあう甘めのタレを使っていて、たっぷりとのっている青のりがすごく食欲をそそる。

また、なんといっても一番の特徴は麺が「スパゲッティ」というところ! ほどよい弾力とつるっとしたのどごしはスパゲッティならでは。

その食感が、不思議なほどソースとあう。

少し濃いめの味に仕上がっているので、上にのっているレモンをギュッと絞ってから食べる。

すると、さっぱりとして口当たりがよく、ソースの甘みに酸味が加わって、また違ったおいしさになるとのこと。

なお、稲垣さんのオススメは、粉チーズをたっぷりふりかけて、タバスコなどをお好みでプラスすることだそうだ。

いっそうおいしく食べられるので、ぜひ試してみてほしい。

今まで、サラリーマンを中心によく食べられていたという「総曲輪焼きスパ」だが、最近は若い女性からの注文も増えているとか。

確実に注目度が上がってきているようだ。

ちなみに「喫茶チェリオ」では、「総曲輪焼きスパ」の他に「あんみつ」もオススメとのこと。

初代が考案したという秘伝の自家製あんには、北海道産の大納言小豆をたっぷり使用。

他では食べられない、とろりとした食感のあんこだという。

「総曲輪焼きスパ」と一緒に楽しみたい一品だ。

なお、「喫茶チェリオ」ではFacebookチェックインクーポンが利用できるということなので、これは利用しない手はないだろう。

「総曲輪焼きスパ」は「喫茶チェリオ」でしか食べられないメニューなので、富山に行った際にはぜひ立ち寄って食べてみてほしい。

昭和の雰囲気を残した店内と、どこか懐かしい味は、きっとやみつきになるはず。

●information 喫茶チェリオ 富山県富山市総曲輪3-6-15-18-1