噂の「ハローキティ肉まん」。食べるのが申し訳なくなるかわいさだ

写真拡大

ハローキティ、今度は肉まんに――全国のサークルKサンクスで2012年10月16日から、ハローキティの顔をモチーフにした「ハローキティ肉まん」が販売されている。

サークルKサンクスでは1月にもカスタード入りの「ハローキティまん」を限定発売しており、今回は第2弾となる。さっそく記者も入手して、その味を確かめてみた。

しょうゆを使ったベーシックな味わい

まずは見た目だが、こちらは前回とほぼ同じで、白い生地に焼印で顔を描き、上部にピンク色の生地で作った「リボン」を張り付けた作りとなっている。耳こそないものの一目で「キティちゃん」とわかる仕上がりで、最近流行りの「キャラクターまん」の中でも上位に入るかわいらしさだ。つぶらな瞳を見ていると、つい食べるのをためらってしまう。

さて肝心の味はというと、まさに「ザ・肉まん」という印象だ。豚肉や玉ねぎといった具材が香ばしいしょうゆ風味にまとめられており、ちょっと懐かしい「王道」の味に仕上がっている。

「かわいくて食べられない!」

ネット上でも早くも反響を呼んでおり、Twitter(ツイッター)では、

「ハローキティまん美味しそう(~o~)可愛くて食べれない〜」
「食べるのがもったいないくらい可愛い肉まんだ」
「見た目は可愛くて、味は美味しくて、心もお腹も幸せにしてくれてありがとう」

といった声が相次いでいる。

150万食限定発売。価格は150円。