表を拡大

写真拡大

【前回までのあらすじ】20代は無限の可能性があるが、分岐点でもある。恋愛の時期だが、結婚はまだ先だ――と「20代本」は語っている。では、「今の若者としての20代」は、自己啓発書の中でどう語られているのか。

■TOPIC-3 若者論・階層論としての自己啓発書

今回の対象書籍を見ながら興味深いと思ったのは、20代論はしばしば現代若者論の容貌を見せるということです。「年代本」における若者の語られ方は非常に単純で、「現代の若者は不甲斐ない、ダメだ」というパターンでほぼ占められます。たとえば以下のようです。

「いまの若者は叱られることに弱い」(川北20、52p)
「20代の多くが大志を抱かず、自分の将来を『そこそこでいい』と思っている」(大塚20、80p)
「現代の若者は無理を嫌い、率先して無理してみようとはほとんど考えないと思います」(井上20、120p)

具体的なトピックとしては、若者の人間関係のあり方について語られることが多いといえます。つまり、仲間内で群れ合う関係性が現代の20代の特性だが、そこから抜け出さねば成功することはできないというものです。

「20代はとにかく群がるのが好きだ。暇さえあれば、いつも群がっている。(中略)だから『友だち作らなきゃ教』から抜け出せずに、つい無駄な時間をだらだらと過ごしてしまう」(千田20a、177p)
「心地よい同期中心主義が、時として、上下斜めの人間関係を築く機会を奪ってしまうことがある」(大塚20、149p)

大塚寿さんが「場の空気を読むことは、社会人ルールの第一歩」(大塚20、180p)と述べるように、人間関係に気を払うこと自体が否定されているわけではありません。ただ、20代を実りあるものにしたいなら、周りの空気を読むことに気を使い、互いに群れ合うような「現代若者気質」から抜け出さねばならないという点では共通しているといえます。

「年代本」ではしばしば、たとえば千田琢哉さんが「世の中の99%の人」と「1%の挑戦者」という対比を用い、また大塚さんが「大衆人材」(大塚20、58pなど)という言葉を用いているように、世の中一般の平凡な人はこうだけれど成功する人は違うのだという二分法が議論のスタートラインになっています。

この二分法のうち劣る者として位置づけられる側、つまり世の中一般について表現する際、特に20代論や30代論の場合は「現代若者気質」が語られることになります。この「現代若者気質」の事例としてしばしば挙げられ、批判されるのが、現代の若者の「仲間内で群れ合う関係性」なのです。

■自己啓発書は「俗流若者論」か

しかし、「現代の若者は○○だ」「現代の若者は不甲斐ない」と語る議論がしばしば根拠のないものであることは、幾人もの論者が2000年代に言挙げしてきたことでした。

たとえば、若者の特性として語られたことがらには、客観的に確かめられるデータがあるのでしょうか。データがあるにしても、それは過去の若者と比較して、あるいは他国の若者と比較しても特異なものといえるのでしょうか。つまり、有史以来繰り返されてきた、年長世代による若者批判の域を超えた議論であるかどうかを、若者語りについてはまず考えないといけませんね、ということです。

また、若者の特性として指摘されたことがらはしばしばマイナス面が強調されるのですが、必ずしもマイナス面ばかりなのでしょうか。そこには新たな可能性があるかもしれません。仮にマイナス面があるとしても、若者個々人の頑張りによって払拭できるようなものなのでしょうか。できないのなら、それは単なるないものねだりのバッシングになりかねません。

私は「仲間内で群れ合う関係性」についての指摘が全て間違いだとは思いませんが、上記のような論点からよく検討されるべき論点だと考えています。そのため、「年代本」のスタートラインにおいて「現代の若者はダメだ」「仲間内で群れ合う関係性の中で埋没しているからダメだ」と簡潔に断じられてしまうと、その後の議論に私などはいまいち信頼がおけなくなってしまうのです。

さて、巷に溢れる若者論を批判する論者としては、たとえば後藤和智さんを挙げることができるでしょう。後藤さんは、『「若者論」を疑え!』(宝島社、2008)、『おまえが若者を語るな!』(角川書店、2008)などで、根拠のない「俗流若者論」を徹底的に批判されています。他にもこうした書籍は数多あります。以前紹介した浅野智彦編『検証・若者の変貌 失われた10年の後に』(勁草書房、2006)も、「俗流若者論」に対して、実証的な検討を行おうとする書籍の1つだということができます。

----------

『「若者論」を疑え!』
 後藤和智/宝島社新書/2008年

『おまえが若者を語るな!』
 後藤和智/角川Oneテーマ21/2008年

『検証・若者の変貌』
 浅野智彦(編)/勁草書房/2006年

----------

私自身、若者を語る言論については「○○な若者たち」というような、直接的なタイトルの書籍に注目しがちでした。しかし、「年代本」が近年多く刊行され、また多くの人に読まれていることを考えると、「年代本」で繰り返される若者論――それはしばしば、簡潔に「現代の若者は不甲斐ない」と断じることが多い――が世の中の若者観を形成している部分もあるのではないでしょうか。

■「成功者文化」としての自己啓発書

もう一点興味深いと思ったのが、次のような言及の重複です。

「若いときは『一流』に触れておくのも大切なことだ。一流の人、一流のモノに触れることは、その人の可能性を大きく広げてくれるからだ」(川北20、204p)
「一流のものに囲まれて、一流のものに触れていると、やっぱり、一流に近づいていくようになります」(本田20、38p)
「伸びる20代は、超一流のスタンダードダブルの部屋に泊まる」(千田20b、164p)
「一流ブティックで世界の一流ブランド品をコーディネートして買い、身につける」(井上20、138p)

「一流」に触れるということの重要性、これがいずれの著作にもみられるのです。なぜ一流のものに触れることが重要なのでしょうか。ここでは大塚さんの30代論における言及が端的なので、それを導きの糸にしたいと思います。大塚さんはこう述べます。

「一流には一流たるゆえん、つまり理由があります。それに生で直に触れることによって、私たちはそこから何かを感じ取ります。(中略)何が本物で何が偽物かという判断力は、一流に触れることでしか身につきません。一流を知らない人は一流を見分けることができない。ですから、仕事でも一流に届くことができないのです」(大塚30、177p)

一流のものに触れることで感性が磨かれ、本物と偽物の区分がつくようになり、自分自身が一流の人間になることができるということ。これが一流を志向する理由であるようです。私がこうした言及をみて思い出したのは、1つめのテーマである「自己啓発書ガイド」にやや類似するような感覚の表明があったことです。具体的には、水野俊哉『ビジネス本作家の値打ち』(扶桑社、2010)における、奥野宣之『情報は1冊のノートにまとめなさい』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション、2008)への寸評を思い出していました。

寸評は、「貧者のノート術」(『ビジネス本作家の値打ち』40p)という言葉から始まります。少し後には「著者の並々ならぬこだわりが感じられるが、貧乏臭いのが難点か」(同上)ともあります。貧乏臭くとも、機能的であればよいのではないかと読んだときには思ったのですが、「年代本」における上記のような言及を見て、水野さんの寸評の意味を考え直すに至りました。

----------

『ビジネス本作家の値打ち』
 水野俊哉/扶桑社/2010年

----------

つまり、近年の自己啓発書の多くは、必要性や機能性だけではなく、いやそれ以上に、日常から仕事に至る各種の振る舞いや所持品の「カッコよさ」が重要視されているのではないかと考え直したのです。実用的であっても、貧乏臭い、洗練されていないという「イメージ」を与える振る舞いや所持品は敬遠されるのです。

このような、振る舞いや所持品(モノ)をめぐって、より洗練された、よりカッコいいイメージが追求されることをどのように表現すべきでしょうか。これはおそらく「文化」と表現するのが最も適切だと考えます。

ここまでの議論を整理したいと思います。近年の自己啓発書では、単に職業上の高い資質や能力の獲得だけでなく、外見やプライベートでの行動を含む、ライフスタイル全体において成功者然としたイメージを身にまとうことがしばしば求められるようになっています。その意味で、自己啓発書は単なるハウツー以上のもの、つまり現代の「成功者文化」への誘いという側面を有しているとみるべきではないでしょうか。

いま使った「成功者」という言葉は曖昧に過ぎるかもしれません。もう少し具体的には、大塚さんの30代論に「30代で年収が800万を超えているビジネスパーソンというのは」(大塚30、114p)という言及があることから、これくらいの年収以上を稼いでいる人が念頭に置かれていると考えられます。

厚生労働省の『国民生活基本調査』によると、2011年の平均世帯収入は538万円、順位における中間地点を表わす中央値は427万円、800万円以上の収入がある世帯は全体の15.2%となっています。これだけ見ると、年収800万円という数字はそこまで実現不可能なものではないと一見思えそうですが、より詳細なデータが利用できる2010年の調査結果を参照すると、会社役員ではなく、30代で年収800万円を超えている雇用者は3.1%にまで落ち込みます。かなり少ないですよね。

また、井上裕之さんは、「成功者とされる人たちは、世の中のトップ1%の人たちです」(井上20、161p)と述べ、千田さんも伸びる1%と伸びない99%という区分けをしていましたが、この「上位1%」は具体的に、どの程度の収入を意味しているのでしょうか。やはり『国民生活基本調査』(2011年)を参照すると、世帯収入2000万円以上の割合がちょうど1.0%となっていました。これにしても、相当少ないということができます。

上位3%にしても1%にしても、そこまで行けば目に見えて高い収入を獲得できるのだから頑張ろう、という論理は非常に分かりやすく、魅力的なものだといえます。もちろん、それが本当に実現できれば、ですが。しかしいずれにせよ、上位数%に入ろうと誘う「年代本」では、そこに至るための仕事術だけではなく、その上位数%たるにふさわしい、プライベートまでを含んだ立ち振る舞いや所持品もセットで語られているのです。この意味で、「年代本」から見えてくるのは、現代における成功法のみならず、現代における成功者――より具体的にはアッパーミドル、もしくはアッパー層男性――の理想的ライフスタイルだともいえるのではないでしょうか。

(牧野 智和=文)