マンホールを探すためのアプリ「マンホールMAP」が尖っている

写真拡大


こんにちは、みちくさ学会を運営しています、事務局の阿部です。今回は、スマートフォン用アプリの紹介です。お届けするのはこちら、マンホールを探すためのアプリ「マンホールMAP」、なんと当みちくさ学会のマンホールの蓋カテゴリーの講師を務める森本さんがすすめているマンホールマッププロジェクトに、賛同された二人の有史の方が企画しリリースされました。「マンホールMAP」の機能は、大変シンプルですが、非常にエッジが効いています。なんせマンホールを眺めるためのアプリなのです。公式のアプリストアでは次のように紹介されています。


模様がきれいなデザインマンホール、色鮮やかなカラーマンホール、数が少ないレアマンホール、ごく一般的なノーマルマンホールなどなど、ユーザーからアップロードされた3000枚を超える日本中(世界中?)のマンホールの写真を地図上から眺めることができるアプリです。
たいへん斬新ですね。そして利用するユーザー層がものすごく分かりやすい。誰が利用するのか?
それはもちろんこんなサイトを見ているそこのあなたです。僕らのためのアプリ、と言っても言い過ぎではないかも知れません。では、実際どんな風に使うことができるのでしょうか。使ってみましょう。

「マンホールMAP」でマンホールの蓋を探してみる


(右:アプリの起動画面、左:マップ画面)上の画像は、iPhone版の「マンホールMAP」です。アプリを立ち上げると、地図上に現在地と、それから何やら丸いアイコンが表示されます。丸いアイコンはズバリ、マンホールを示しています。現在地周辺に見るべきマンホールの蓋があるか否か、瞬時にチェックできるという訳ですね。アイコンの上に乗っかっている0や、1といった数字はマンホールのナイスな度合い(?)のようなものを表しています。


(右:マップをズームした画面、左:マンホールの蓋ビュアー画面)マップの縮尺を変更して、もうちょっとズームしてみましょう。周辺のくまなく探してみると、お、JR渋谷駅周辺に「4」の数字を示すマンホールが見つかりました。住所表示のフキダシ内「>」のボタンをタップすると、左の画像のようなビュアー画面に切り替わります。どうやらハチ公にちなんだマンホールの蓋のようですね。

実際に現地に行ってみた

さて、「マンホールMAP」を立ち上げた状態のiPhoneを片手にJR渋谷駅まで来てみました。地図ではハチ公口を指していますので、きっとハチ公の近くに違いないと、待ち合わせの人でごった返すハチ公周辺をウロウロしています。待ち合わせの相手を探すまわりのみんな、そしてマンホールの蓋を探す僕・・・。と、ありました!アプリで見たマンホールの蓋です!

ここでアプリ上から「ナイスマンホ!」ボタンをタップします。この「ナイスマンホ!」ボタンを押した人の数が、先述のナイスな度合い(?)に反映される仕組みです。いかがでしょうか?ナイスなマンホールの蓋を探す「マンホールMAP」、尖ってますねー。みなさんもアプリを使ってナイスマンホしてみてはいかがでしょうか。

以下、「マンホールの蓋」カテゴリ講師、森本さんからのコメントです。
今回マンホールマッププロジェクトに、待望のiPhone 用のアプリケーションがリリースされました。企画とプログラム作成は、つくる社の石原 淳也さん(Twitter twitter.com/jishiha ) が、デザインは Clow.lyの赤塚妙子さん(Twitter twitter.com/ken_c_lo/ )が担当。思った以上のできばえに、一マンホール蓋ファンとして、感謝です。今後の機能拡張も含めて楽しみにしています!



■関連リンク
 ・マンホールMAP(iPhone版)