千葉モノレールのお知らせページ (C)伏見つかさ/アスキーメディアワークス/OIP2

写真拡大

千葉都市モノレールは、人気アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」のイラストを使用したコラボ記念切符の第2弾を発売する。価格は、1部2000円(1人4部まで)。

「電撃20年祭」ブースで先行販売

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」は、元千葉市在住の作家・伏見つかさ氏原作の小説(電撃文庫/アスキ ーメディアワークス刊)を、2010年10月〜12月にテレビアニメ化したものだ。

作中では千葉モノレール路線沿線を中心に、千葉市内がモデルとして描かれた風景や、モノレール車両が走行するシーンが登場していることもあり、コラボ企画としてアニメのイラストを使用した記念切符が誕生し、2011年5月14日に第1弾が発売されている。

今回、アニメ第2期の制作が決定したことを受け、新たな描き下ろしイラストを使用しての記念切符第2弾が登場した。入場券4枚と乗車券6枚、定期券風の購入証明書がセットになっている。

幕張メッセ(千葉市)で行われる「電撃20年祭」内の千葉モノレールブースで、10月21日10時から先行販売されるほか、千葉みなと、千葉などの駅窓口(10月27日〜)、千葉モノレールが出展するイベント会場(11月以降)でも購入できる。