Twitterに購入者が投稿した「痛焼きそば」の写真。16日現在2万回近く閲覧されていた

写真拡大

初音ミクもびっくり?の「青い」焼きそばが話題を呼んでいる。

東京・秋葉原で2012年10月13〜14日にかけて開催された物産展「Moe 1グランプリ」に姿を現したこの「ネギ塩痛焼きそば」(700円)は、麺(めん)の色がなんとビビッドな青色なのだ。ボーカロイド・初音ミクの髪の色を忠実に再現した、しかし食べ物としては規格外のその色に、ネット上では「すさまじい食べ物を発見!衝撃!!」「スライム肉まんより青い」と驚きの声が広がった。

「食欲を普通とは違った方向から刺激する」

この「痛焼きそば」を売り出したのは、秋葉原のコスプレ居酒屋「小悪魔の宴 Little BSD」だ。店長の「くーたん」さんによると、「Moe 1グランプリ内への出展ということで、秋葉原ならではの感性を生かした食べ物を」と考案したもので、「食欲を普通とは違った方向から刺激する痛いカラーと、某音声アンドロイドをイメージして作り上げた」という。

その凄まじい色は、青色と緑色の食用着色料を水に溶かし、炒める際に塩コショウなどと一緒に混ぜ合わせることで着けたものとのことで、

「男性のお客様は、食欲をなくすのでちょっと……という方が多かったのですが、女性のお客様はノリノリで購入される方が多かったように思います」

売れ行きも好調で、用意した商品はすべて完売したそうだ。

出展用に開発した特別メニューのため現時点では通常販売は行っていないものの、反響をみながら「小悪魔の宴 Little BSD」での提供も検討しているという。