●神様、縁をむすぶ

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会

TVアニメ「神様はじめました」がテレビ東京、AT-X他にて放映されています。

<キャスト>
桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
猫田あみ:佐藤聡美
鬼切(おにきり):新子夏代
虎徹(こてつ):大久保ちか
沼皇女:堀江由衣
裏嶋小太郎:木村良平

●ストーリー
父親が家出して、若い身空でホームレスとなってしまった女子高生・桃園奈々生。困っている奈々生の前に「私の家を譲りましょう」という怪しい男が現れる。男の正体は、土地神ミカゲ。
奈々生は家(=廃神社)と引き換えに神様の仕事を任されてしまい…!?
 しかも社には、性格最悪で凶暴な妖狐・巴衛が神使として居座っていた。社の精である鬼切と虎徹に励まされながら社の仕事をこなす奈々生に、巴衛はいつも悪口ばかり。

ある日奈々生は鬼切から「神使の契約を結べば、巴衛が絶対服従する」という話を聞く。喜びいさんで契約方法をきくと「口づけ」だって…? 

「冗談じゃない!巴衛とキスするぐらいなら出て行ってやる!!」 

奈々生の明日は果たして!?
●沼皇女がやってきた!
今日は多々良沼の主(ぬし)である沼皇女(鯰の化身)がやってきます。しかし、巴衛は奈々生が面会する事を拒みます。

当初、巴衛が沼皇女と従者の青竹の対応をするも、青竹が巴衛に対して刀を振り回す事態となり思わず奈々生が部屋に入ります。

それを見た巴衛、相変わらず口振りは悪いのですが本当は奈々生を心配している様子。但し、沼皇女が青竹を魚の姿にして動きを止められてしまい、更に奈々生の言霊によって巴衛も動きを封じられてしまいます。
●沼皇女の恋
沼皇女がミカゲ社にやってきた目的は彼女と裏嶋小太郎の縁結びをして欲しいという事のようです。

桃園奈々生「それって恋バナっ?」
沼皇女「カチッ!(肯定の意)」


しかし、妖怪(沼皇女)と人間(裏嶋小太郎)の恋は禁忌とされているゆえ、この縁結びは困難と巴衛の談。

とにかく、奈々生は裏嶋小太郎と出会うために町へ出掛けますが…。(表面上はともかく彼女を心配している)巴衛も追いかけます。
●裏嶋小太郎を探しに
久々に町にやってきた奈々生ですが、巴衛の耳と尻尾を隠す事を忘れてしまいます。

※彼女も相当人間世界からずれています。

但し、平日の午後。町には彼女の学校での知り合いも多数いるわけで…。

偶然にもアイスを食べる為に入った喫茶店でバイトをしていたを発見する奈々生。彼は極めて物静かな性格ながらも沼皇女との出会いを承諾します。
●女子高生風、沼皇女!
裏嶋小太郎との出会いの日、沼皇女は奈々生のコーディネートによって女子高生風の服装と容姿となります。これには従者の青竹も驚きです。

※元々の巫女風の容姿も悪くないのですが。

そして午後5時の公園、10年振りに沼皇女と裏嶋小太郎は出会います。流石に照れがある裏嶋小太郎、積極的な沼皇女。そこで良い感じになってきて、彼が飲み物を買いに少し目を離した隙に起こった事とは…。

※パズルキューブ(ルービックキューブ)で気を紛らわせる裏嶋小太郎。そう言えば30年以上前にブームになりましたね。
●裏嶋小太郎の勇気
ゴロツキに囲まれる沼皇女。そこに戻ってきた裏嶋小太郎。奈々生が沼皇女を助けようとするも巴衛に止められます。

巴衛「人間は前に進もうとする気持ちがあれば、前に進める。お前の仕事はその背中を押してやることだ!」

裏嶋小太郎は勇気を振り絞って、沼皇女を助けようとします。それは上手く行ったようで…。

※奈々生が護符によって本当に背中を押して進めたんですけどね!

「神様はじめました」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「神様はじめました」第2話「鞍馬+烏天狗=鞍馬天狗?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第1話「土地神女子高生、桃園奈々生!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「神様はじめました」TVアニメ公式Webサイト
「神様はじめました」AT-X公式Webサイト