宮城県で稲刈り体験! 三菱ジャー炊飯器発売40周年「稲刈りイベント」

写真拡大

三菱電機は10月14日に宮城県登米市内にて、三菱ジャー炊飯器40周年記念プロジェクトとして「炊き分け隊が行く!稲刈りイベント」を開催した。

同社は1972年3月、業界に先駆けてご飯を炊く「電気炊飯器」と、保温専用の「電子ジャー」を融合させた“ジャー炊飯器”を発売した。

その発売40周年を記念して行われた、米作りプロジェクトの締めくくりとして、このほど同イベントを開催した。

イベントには6組(12名)が参加。

刈った稲は、5月に一般参加者の手で植えられたオリジナル米(「ひとめぼれ」・「東北194号」・「ミルキープリンセス」の3品種)。

参加した子供たちは、「見た目以上に稲が重い」、「稲を束ねるのが難しい」と言いながらも、初めての稲刈りを楽しんだようだ。

その後、天日干し、脱穀などの収穫作業も体験した。

さらに、40周年記念モデル“蒸気レスIH 本炭釜”の新機能「炊分け名人」で炊く白米の試食会も実施。

「ひとめぼれ」、「ミルキープリンセス」、そして新種米である「東北194号」のおにぎりを食べ、食感、味の違いを体験した。

「おかずに合わせてお米を炊き分ける事で、メニューが広がることに気付いた」という声も寄せられたという。

同イベントの様子や参加者の声は、三菱ジャー炊飯器40周年スペシャルサイトで、今後アップする予定だ。