住信SBIネット銀行、「個人向けの外貨送金サービス」の取扱い開始

写真拡大

住信SBIネット銀行は15日、同社の外貨普通預金から他行に外貨を送金するサービス「外貨送金サービス」の受付を開始した。

同サービスの開始により、同社で持っている外貨預金を外貨のまま他行へ送金することが可能。

送金は「事前登録申込書」にて登録した送金先のみの取扱いとなる。

他の金融機関の国内本支店にある顧客本人名義口座のみへの送金となる。

海外への送金の取扱いはしていない。

同社ではすでに外貨送金受取サービス(他行で持っている外貨を外貨のまま同社で受取ることができるサービス)を用意している。

同サービスの取扱開始により、同社の外貨預金を外貨のまま他行へ出金することが可能になるため、同社の外貨預金をより便利に利用できるようになるという。

サービス概要顧客の代表口座の外貨普通預金から外貨のまま送金するサービス。

送金は出金した外貨普通預金と同一通貨で送金する利用できる顧客同社に口座を開設している個人の顧客。

満20歳以上、居住者の顧客のみの取扱い取扱通貨同社取扱いの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド)取扱う送金先他の金融機関の国内本支店にある顧客本人名義口座への送金。

「事前登録申込書」にて申込みをして登録した送金先のみの取扱い。

送金先はあわせて3件まで登録可能。

「事前登録申込書」に記載の名前、住所が同社に登録している内容と異なる場合は登録できない。

また、送金に関して電話やメールなどで連絡する場合があるので、同社WEBサイトにログイン後、「口座情報」の「お客さま情報照会・変更」で変更の手続きを事前に完了したうえで申し込む送金方法「事前登録申込書」にて送金先の登録が完了した後、同社カスタマーセンター宛に連絡する送金受付時間同社カスタマーセンターの受付時間内(オペレーターへの問合せ)のみ受付。

15時までに受付した分については原則2営業日後に、15時以降に受付したものについては原則3営業日後に送金する。

海外休日等により送金実行が遅れる場合がある送金限度額1件あたり3000万円相当額未満手数料送金手数料:3000円。

照会手数料:5000円、変更手数料:5000円、組戻手数料:5000円。

支払銀行手数料については受取時に顧客が負担。

送金日に、送金金額は当該通貨の代表口座の外貨普通預金から、送金にかかる手数料などは代表口座の円普通預金から引落す。

残高不足などにより、送金金額または手数料金額などが引落しできない場合は、送金は実行されないので必ず送金日まで入金する。

送金実行後に関係銀行から手数料、諸費用などの請求があった場合は、追加で請求する場合がある住信SBIネット銀行は、顧客に常に使ってもらえる「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめていくとしている。