北海道・サッポロラーメンの原点に出合える店はココ!

写真拡大

ラーメンは札幌グルメの代表格。

それだけに店も味も実にたくさんある。

しかし、味の好みは各人によって異なるため、「この店こそNo.1」という紹介は不可能に近い。

それでも人はおいしいラーメンを求める。

情報も欲する。

そこで今回は「昔ながらの味」、「600円台」、「地元で愛されている」をキーワードに3つの名店を紹介したい。

サッポロラーメンといえば、やはりみそラーメンを思い浮かべる人が多いだろう。

実際みそラーメンの発祥地は札幌で、全国的な有名店「味の三平」が開発したことはラーメン好きの知るところだ。

では、みそラーメンが生まれる前、札幌ではどんなラーメンが食されていたのか。

その味を実際に食べて確かめることができるのが、札幌市西区にある「四代目いちまる」である。

みそラーメンが誕生する前は、札幌でもラーメンといえばしょうゆ味だった。

この店では、現代風な味のしょうゆラーメンとは別に、初代店主が屋台で出していた「昔風しょうゆ」というメニューを用意している。

初代店主がチャルメラを吹きながらこのラーメンを作っていたのはもう80年以上も前のこと。

とんこつをゆっくりと煮込むことで作る、あっさりしつつも深いコクのある味わい。

寒冷地の屋台が生んだ、身も心も温まるようなやさしいラーメンなのだ。

その味を、時を経た今でも変わることなく楽しめるのがこの店。

昔ながらのなじみの味を求めてやってくる高齢者の常連客も多い。

また、転勤で道外に移住したにもかかわらず、年に一度は来店する人もいるという。

小さな店舗は昔ながらの風情を残しつつ、モダンな内装に仕上げられている。

女性ひとりでも入りやすい雰囲気が魅力的だ。

2012年10月中には、同じ西区に2号店もできる。

次に紹介するのは「ラーメン専門店 胡桃(くるみ)」。

札幌市豊平区にあるカウンターだけの小さな店だ。

オープンして18年目。

住宅街の中の少々分かりにくい場所にあるのだが、連日常連客でにぎわっている。

ラーメン店には、看板メニューを掲げる店が多いが、この店は、みそ、塩、しょうゆのいずれも人気だという。

それぞれの味にファンがいるのではない。

常連客でさえ、のれんをくぐる度にどの味にするか迷ってしまうのだ。

かなり保守系のみそ派の私も、この店のベストな一杯は決めがたいが、今回は「塩ラーメン」を紹介したい。

この店の味は総じてあっさり系なのだが、塩ラーメンはひと口目からパキッとしたインパクトが十分にある。

食べ続けても味に飽きたり疲れたりすることはない。

ひと口目のおいしさがいつまでも後を引き、食べ終わった瞬間もう一杯食べたくなってしまう。

まさに毎日でも食べたくなるおいしさなのである。

ご主人に聞くと、素材はあくまでもシンプル。

素材それぞれのバランスが取れていることと、惜しまず手間をかけることが大切なのだという。

鶏ととんこつ、野菜だけを使うスープの取り方から、塩味のまろやかさを感じてもらう秘訣(ひけつ)まで、こだわりがたくさんだ。

これらはもちろんオフレコだが、仮に公開してもまねされる心配はないという。

気温や季節に応じた細かな手のかけ方は、身体でしか覚えることができないとご主人は断言する。

論より証拠、ぜひとも食べていただきたい一杯である。

●information ラーメン専門店 胡桃 北海道札幌市豊平区月寒東3条6丁目6-17 しょうゆ、塩とくれば、最後は当然みそラーメンだ。

私が保守系みそ派であることはすでに公言したが、それだけに好みの店はたくさんあり、悩むところではある。

しかし冒頭に挙げた3つのキーワードから、札幌市豊平区美園(みその)にある「味の鈴蘭」を推したい。

美園という場所は、札幌の中でも有名店が集まる激戦区だ。

そんな場所で27年間営業してきた「鈴蘭」のラーメンも総じてあっさり系。

赤と白のみそ、そして複数の素材をブレンドして1カ月以上寝かせる特性みそととんこつ、丸鶏、昆布等で取るスープ。

いずれも安全性や食べやすさを十分に考えた素材を厳選しつつ、毎日でも食べられるような味に仕上げている。

あっさりとしながらも奥の深い味に加えて、しょうがの風味がパンチとなってさらに食欲をそそる。

こちらのラーメンもクセになる味で、毎日のように通う常連客も多数いる。

季節限定メニューもそろう。

また、寒さが増すこれからの季節は、常連客から坦坦麺のオーダーも多くなるという。

ところで、ここで紹介した3軒の麺は、すべてサッポロラーメン王道の中太チヂレ麺。

サッポロラーメンの味は多様化しているが、麺が中太チヂレ麺であることだけは必須条件であろう。

また、今回紹介した3軒は、いずれもインパクト系ではなく、毎日でも食べたくなるというもの。

札幌を旅行する際には、ぜひ足を運んでいただければと思う。