ネイティブコーチと24時間レッスンOK! 英会話が上達する”ReFLEX”に挑戦!

写真拡大

ビジネスのグローバル化が加速すると同時に、英語の必要性を感じている人は多いのではないだろうか。

外国人の方の取材では、英語ができなくて困ることがしばしば。

すぐにでも英語を話せるようになりたいが、仕事の時間が不規則なので英会話スクールへ通うのは難しい。

そこで、自宅で学習できるサービスを探したところ、ロゼッタストーン・ジャパンの「Rosetta Stone ReFLEX」というオンライン英会話レッスンを発見。

1日25分のレッスンで、実践的な会話のロールプレーイングとネイティブコーチとの会話レッスンを繰り返すことにより、自信を持って英語を話す力が身につくという。

話すのが苦手という日本人のために開発されたプログラムとのこと。

英語の読み書きはできても、聞く・話すはできない私にぴったりだと思い、早速挑戦してみることにした。

プログラムはゲームを楽しみながら英語の発音に慣れる「SKILLS」、日常生活やビジネスシーンで活用できる実践的な会話をトレーニングする「REHEARSAL」、ネイティブコーチとの会話レッスンができる「STUDIO」の3部構成になっている。

この3部構成を1日25分で毎日やるというのが学習スタイルの基本だ。

まずは、「SKILLS」に挑戦。

このコーナーでは、日本人の苦手な音や音声にフォーカスし、ゲームを楽しみながら聞き分けのトレーニングを行うという。

私が挑戦した「Bubble Mania」というゲームでは、ネイティブスピーカーの発音する単語を聞きとることで、リスニングが鍛えられるそうだ。

「long」と「wrong」、「it」と「eat」、「had」と「head」など、2つの単語を聞き分けながら、聞きとれた単語と同じ色のバブルをクリックしていく。

制限時間は5分。

正解すればバブルは消え、その数が多いほど早く次のレベルへ進むことができる。

簡単な単語からスタートするので、最初はより多くのバブルを消そうと考える余裕もあったが、「L」と「R」など、聞き取りにくいものが登場すると、一気に頭が混乱してしまう。

そんなときは、右下のスピーカーボタンを押せば、もう一度聞きなおすことができるので安心だ。

レベルがあがるにつれて、聞き分ける単語が3つ、4つと増えていく。

二重母音など、発音を間違って覚えていた単語も多かったが、楽しみながら正しい発音が学べるので、すんなり頭に入っていく。

制限時間5分は短く感じた。

また、「SKILLS」は、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にも対応。

「ReFLEX Companion」という学習用の無料アプリをインストールすれば、いつでもどこでも英語の音や発音に耳を慣らすことができる。

これなら、時間が空いたときにも効果的に学習できそうだ。

なお、「ReFLEX Companion」はiPhone、iPad、iPod touchに対応している(i0S4以上)。

インストールしたら「ReFLEX」アイコンをタップし、ReFLEXで使用しているサインイン情報のメールアドレスとパスワードを入力後、実行をタップすればいい。

Android(※一部対応)用のアプリでは、ストーリーを音読する「READER」のみ利用可能だ。

英語に耳が慣れたところで、ロールプレーイング形式のトレーニング「REHEARSAL」へ。

AI(人工知能)によって、プログラムを個々のレベルに合わせてカスタマイズしてくれるという。

習熟度に合わせてレッスンできるのがうれしい。

今回はカフェで店員さんとの会話を通し、コーヒーのオーダーに挑戦した。

最初に全体のストーリーが流れるので、どのような会話を練習するのかを事前に把握することができる。

いよいよ実践。

店員さんとのあいさつからはじまり、どのメニューを注文するのかといった質問を聞きとりながら、コーヒーを注文し、会計をするところまで会話を進めていく。