福島県会津若松市で、紅葉で色づく鶴ヶ城をライトアップ!

写真拡大

福島県会津若松市のシンボル鶴ヶ城で、紅葉の時期に合わせてライトアップが行われる。

期間は10月19日(金)〜11月11日(日)の日没〜21:00まで。

見どころは黄色に色づいたイチョウと青白く幻想的にライトアップされた鶴ヶ城天守閣、石垣、赤い廊下橋など。

昼間とはまた違った美しい姿が現れる。

鶴ヶ城は会津藩の松平氏を始め、数多くの大名が城主として君臨した城。

鶴ヶ城を有名にした出来事は、幕末、戊辰戦争の戦いの舞台となったこと。

特に飯盛山での白虎隊の自刃は、薩摩琵琶の語りやドラマや映画などで現在に伝えられている。

ちなみに、2013年の大河ドラマは会津藩の砲術指南役である山本権八の娘、新島八重を主人公にした「八重の桜」だ。

鶴ヶ城では幕末当時の姿である赤瓦への葺(ふ)き替えが2011年に完了。

現存する天守閣では国内唯一の赤瓦だ。

また、天守閣では「鶴ヶ城博物館」として貴重な資料を展示公開している。

石垣の内部には塩倉、第一層には歴代藩主と城の変化、第二層には江戸時代の会津庶民の暮らし、第三層では戊辰戦争の様子を描いた錦絵が展示されている。

第四層は四季をテーマに会津の人々の暮らしを展示。

第五層は東西南北が見渡せる展望室となっており、白虎隊最期の地である飯盛山も見える。

鶴ヶ城は唱歌「荒城の月」の作詞者である土井晩翠が詩の構想を練った場所の一つとされ、「荒城の月」の歌碑も建てられている。

さらに千利休の子である千少庵が建てた茶室、「麟閣」もライトアップされる。

千少庵は父の千利休が豊臣秀吉の命により切腹したあと、時の鶴ヶ城主蒲生氏郷にかくまわれていた際に「麟閣」を建てたと伝えられている。

その後明治になり、鶴ヶ城取り壊しとともに「麟閣」も取り壊されようとしていたが、それを惜しんだ森川善兵衛が明治5年に自宅へ移築、その後120年の歳月を経て平成2年に元の鶴ヶ城へ移築された。

ライトアップの詳細は会津若松観光物産協会ホームページで確認を。