●裏切りの契

(画像:amazon.co.jpより)
©IF・DF/「緋色の欠片」製作委員会


平成24年10月期のTVアニメ「緋色の欠片 第二章」がTOKYOMXテレビその他で放映されています。

※平成24年4月期「緋色の欠片」の続編にあたる作品です。

主人公の春日珠紀は、両親の海外転勤を機に、祖母が住む母の実家がある季封村に引っ越してました。しかしその村で珠紀は突如カミサマと呼ばれる奇妙な生き物達に襲われます。珠紀を救ったのは、不思議な能力を操る鬼崎拓磨という少年。
そして彼女の使命は「玉依姫」として鬼斬丸という刀の封印をすること、異形の集団「ロゴス」との戦い、彼女の守護者と呼ばれる少年達、春日珠紀の運命や如何に?

主なキャスト
春日珠紀(かすが たまき):三宅麻理恵さん
鬼崎拓磨(おにざき たくま):杉田智和さん
鴉取真弘(あとり まひろ):岡野浩介さん
狐邑祐一(こむら ゆういち):浪川大輔さん
犬戒慎司(いぬかい しんじ):下和田ヒロキさん
大蛇卓(おおみ すぐる):平川大輔さん
狗谷遼(くたに りょう):野宮一範さん
言蔵美鶴(ことくら みつる):藍川千尋さん
宇賀谷静紀(うがや しずき):久保田民絵さん
芦屋正隆(あしや まさたか):永野善一さん
多家良清乃(たから きよの):三森すずこさん
アリア・ローゼンブルグ:磯村知美さん
アイン:安元洋貴さん
ツヴァイ:川原慶久さん
ドライ:上田燿司さん
フィーア:大原さやかさん
おーちゃん:山口立花子さん

●大蛇卓の裏切りとその意味
守護者である大蛇卓がロゴスへ寝返った。それは紛れも無い事実なのですが…。

芦屋正隆は宇賀谷静紀に対して自らを守護者の代わりと為すべき事を申し込むも断られます。また、芦屋正隆自身が信頼に足る存在では無い事も春日珠紀は把握しているようです。

それでは大蛇卓の裏切りの意味は?鬼崎拓磨もその意味も分かりかねるのですが、少なくとも芦屋正隆よりはその意思が明確なため信頼しているようです。

いずれにしても守護者の柱である大蛇卓不在の状態。春日珠紀を守護するのは鬼崎拓磨を含めた残りの守護者。決して芦屋正隆では無いのです。
●犬戒慎司とフィーアの密会
犬戒慎司は単身、アリアとの面会をフィーアに対して申し込みます。当初、フィーアは難色を示しながらも結局は彼の要望を受け入れ、アリアの元へ招待します。

問題は物陰から見ていた狗谷遼をフィーアが故意に見逃した件。言い換えればフォーアから見れば狗谷遼は取るに足らない存在だという具合に捉えられているわけです。

これには狗谷遼も憤慨しますが…。
●狗谷遼と狐邑祐一の動き
夕食後、神社周辺を散歩する春日珠紀。彼女を捕らえたのは狗谷遼。彼は犬戒慎司がロゴスの密偵だと告げるも、彼女は俄かには信じられない様子です。

その現場にやってきたのは狐邑祐一。彼の姿を見て狗谷遼は退散しますが…。

狐邑祐一は大蛇卓と犬戒慎司を探すため、春日珠紀を連れてロゴスの本拠地へ潜入しようとします。
●狐邑祐一の思索
犬戒慎司が以前からフィーナ(学校ではフィオナ先生)と接触していた事について春日珠紀は守護者達に伝えなかった事を後悔します。

※そもそも犬戒慎司とフィーナがキスをしている現場を見た春日珠紀は「恋人同士?」という解釈をしていたようですけど。

但し、狐邑祐一は犬戒慎司の一連の行動がロゴスの調査のためだと信じているので、今回の件も決して裏切りでは無いと捉えています(もちろん、春日珠紀も同じ考えです)。

ロゴスの本拠地ではその入口の結界が解け、確認出来る状態となっています。それはロゴスも隠す必要が無いという事のようですが…。

そこに狐邑祐一と春日珠紀は透明となる術でロゴスの本拠地に潜入します。
●ロゴス本拠地
ロゴス本拠地に入る狐邑祐一と春日珠紀。そこではアリアに犬戒慎司がロゴスへの忠誠を条件に、季封村からの撤退を願っているようですが…。

その願いは受け入れられず、しかも狐邑祐一と春日珠紀の透明となる術も見破られ窮地に陥ります。そしてロゴス配下のツヴァイから襲われそうになりますが…。

辛うじてその場を逃げ出す3人。犬戒慎司がロゴスに情報を流していた事、そして大蛇卓がロゴスにいた現実に春日珠紀は動揺を隠せない様子です。

一応戻ってきたとはいえ裏切り者の烙印を押された犬戒慎司、今後どうなるのでしょうか?

「緋色の欠片 第二章」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第2話「大蛇卓の寝返り!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第1話「玉依姫、再び」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片」第13話「玉依姫」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「緋色の欠片」TVアニメ公式Webサイト
緋色の欠片(通常版)