【女性編】部活が今に役立っていることランキング
あなたは文化系? それともスポーツ系?





学生時代には、テニスやバレーボールといったスポーツ系から、吹奏楽などの文化系まで、さまざまな部活がありましたね。大会や仲間との活動を通して、学んだことも多かったことでしょう。今回は「部活が今に役立っていること」について、マイナビ会員の男性428名にアンケートしました。





Q.部活が今に役立っていることを教えてください(複数回答)

1位 上下関係 25.7%

2位 礼儀 24.8%

3位 人間関係 14.2%

4位 我慢強さ・忍耐力 14.0%

5位 仲間とのきずな 13.3%







■上下関係

・「先輩後輩の縦社会を学ぶことができた」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「下っ端がやるべきこと、取るべき行動を学んだ。部活ほど上下関係は厳しくないが、それが役立って、会社でも非難されることはない」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「先輩後輩への振る舞い方や、仲間意識の持ち方などを学んだと思う」(30歳/情報・IT/事務系専門職)





■礼儀

・「茶華道部を3年の6月までやっていたから自然と礼儀を学べた」(22歳/その他)

・「部活は途中で辞めたのであまり役立ったことはないが、上下関係は社会にでてからもあるので、最低限の礼儀や言葉遣いなどが役立っているかと思う」(26歳/金融・証券/専門職)

・「なぎなた部だったので、礼儀作法はある程度身についていると思う」(26歳/情報・IT/技術職)





■人間関係

・「人間関係の難しさを初めて感じられたのが部活体験だった」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「今でも連絡する知り合いができたから」(25歳/その他)

・「友達と長く付き合うことがなかなかできないのですが、今の学生時代からの親友は、部活で仲良くなった人です」(31歳/不動産/事務系専門職)





■我慢強さ・忍耐力

・「とにかく練習がつらかったから」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「演劇部で、ダメ出しがものすごく厳しかったので、会社で怒られてもまったくこたえない」(24歳/学校・教育関連)

・「陸上の長距離だったので、特に忍耐力を学べたと思っているから」(27歳/機械・精密機器/営業職)





■仲間とのきずな

・「部活の仲間とは、これまでの人生で最も近い存在になれた」(28歳/金融・証券/技術職)

・「野球部のマネージャーだったが、同学年のきずなはめっちゃ強くて、離ればなれになった今でも、年に一度集まってキャンプをしている」(22歳/その他)

・「吹奏楽部だったので、チームでやる今の仕事に生きている気がする」(23歳/情報・IT/技術職)





■番外編:仕事で役立つことも学べました

・達成感「学生時代だからこそこなせた1,000本投げ。これをクリアしたのは財産。自信や忍耐力など、いろいろついた」(34歳/その他/クリエイティブ職)

・センス「昔お世話になった先生の教えが素晴らしかったのが今になってありがたいし、今もお付き合いがある」(45歳/その他/クリエイティブ職)

・怒られても平気になった「現在、注意や悪口が何も感じない」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





総評

1位は「上下関係」がランクイン。男子の世界さながら、縦社会を部活から学んだという人は多いのですね。2位は「礼儀」。華道や茶道、なぎなた、といった部活から礼儀を学んだ人からのコメントが印象的でした。凛(りん)としてていいですね。





3位は「人間関係」。ずっと付き合える友人と、部活動を通じて出会うことができたという意見を複数いただきました。4位には「我慢強さ・忍耐力」がランクイン。アンケートの結果を見ると、空手などの武道をやっていた女子が意外に多かったです。弓道部も人気のようですね。





番外編にも、部活で技術や知識を身につけたのが財産になっているというコメントがたくさん寄せられました。意識せずとも、現在につながるような大事なことを学んでいる尊い瞬間でもあるのかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年8月11日〜2012年8月16日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性572名

調査方法:インターネットログイン式アンケート