「すぐ暖房」や「あらかじめ温風」で温かく快適な運転を実現!

写真拡大

日立アプライアンスは、人や部屋の状況を素早く把握する新開発の「くらしカメラ」を搭載し、快適性を保ちながら節電運転するルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」Sシリーズ(8機種)を、2012年10月下旬から順次発売する。

画像認識技術を採用した「くらしカメラ」を搭載。人の出入りや室内での居場所、活動量、在室人数に加え、間取りや日が差し込んでいる場所などの情報を素早く把握して、生活シーンにあわせて、快適性を保ちながら節電運転を行う。

たとえば、人の出入りが多いリビング・ダイニング・キッチン(LDK)でも、「くらしカメラ」で在室人数の変化を把握できるため、増加した人数分の室温変化(上昇)を予測して、暖房能力を下げた運転に素早く切り替わることが可能となるので、節電につながる。

しかも、運転の設定はリモコンに搭載した「くらしカメラ ecoこれっきり」ボタンひとつで、手軽にできる。

また、ふだん手入れのしにくい室内機内部の清潔さにもこだわり、エアコン内部に除菌効果があるステンレスを採用した独自の「ステンレス・クリーン システム」なども引き続き搭載している。

暖房では、起床時間など運転を開始させる時刻をあらかじめ設定しておくと、運転ボタンを押してから1分待たずに温風が吹き出す「すぐ暖房」や、霜取り運転時の室温低下を抑制する「あらかじめ温風」などを搭載し、暖かく快適な運転を実現した。

オープン価格。