「私、鉄ちゃんかも!? 」と思う瞬間とは?

写真拡大

鉄道写真の撮影に凝ったり、日本全国の路線を制覇したりするなど、鉄道を愛してやまない人々のことを「鉄ちゃん」と呼ぶことがある。

今回は、マイナビニュース会員の男女1,000名に「私、鉄ちゃんかも!? 」と思う瞬間について聞くと共に、鉄道の好きなところについても質問してみた。

Q.私、鉄ちゃんかも!? と思う瞬間はどんなときですか?(複数回答)1位 旅行で電車に乗るときは必ず窓側 14.7%2位 駅弁が大好き 11.5%3位 発車メロディーが好き 7.7%4位 新型車両の写真を撮ってしまう 6.3%5位 秘境駅に行きたいと思った 6.1%■総評1位に選ばれたのは「旅行で電車に乗るときは必ず窓側」だった。

ほとんどの意見が「海や山など景色を楽しめる」というものだったが、「外の景色を見ながら、いろんな思いに浸れる」などの回答もいくつか寄せられた。

2位は「駅弁が大好き」で、「駅弁を食べていると何だかウキウキするから」「駅弁を食べながらの旅は最高」などの回答が最も多かった。

3位は「発車メロディーが好き」。

こちらは「路線によって違う発車メロディーが楽しい」などの回答が目立ったが、「発車メロディーの由来を考えつつ聞いていると楽しい」といった意見もあった。

続いて4位は「新型車両の写真を撮ってしまう」がランクイン。

「電車の写真は何だか撮ってしまいます」など、無意識に撮影してしまうといった回答がいくつか寄せられる結果に。

そして5位は「秘境駅に行きたいと思った」で、一度は有名な秘境駅に行ってみたいと考える人が多かった。

ここからは鉄道が好きな理由について寄せられた、興味深い回答を中心に紹介していこう。

■電車の魅力は音にあり・「ガタンゴトンという音と振動の中、うとうと昼寝をするのが好き」(22歳男性/建設・土木/技術職)・「やっぱり駅員のアナウンス! あの独特の話し方が面白いので」(24歳女性/金融・証券/専門職)・「駅ごとに違う発車メロディーを聞くとうれしくなる」(25歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)■乗るなら先頭車両・「先頭車両で運転手さんと同じ目線で景色を眺めるのが好き」(29歳男性/小売店/事務系専門職)・「先頭車両に乗って運転手の気分を味わうとき」(25歳女性/情報・IT/技術職)■この感覚がたまらない!・「田舎の駅は特に思い出があるわけじゃないのに、懐かしい気分に浸れるところ」(24歳女性/生保・損保/営業職)・「旅行に出掛けて、電車を降車した時の瞬間がいい」(28歳男性/情報・IT/技術職)・「鈍行だと、地元の人が利用していて、その土地の生活感を味わえる」(27歳男性/情報・IT/事務系専門職)・「踏切でほかの車が全部止まっているところを、全て走り抜けることができる爽快感が好き」(26歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)■時刻表も人気・「時刻表を見て、旅行している気分になるところ」(29歳女性/金融・証券/事務系専門職)・「時刻表で旅のスケジュールを立ててみるのが楽しい」(40歳男性/情報・IT/技術職)■その他、こんなところも鉄道の魅力!・「新幹線のツヤがたまらない」(26歳女性/商社・卸/事務系専門職)・「同じ型式の車両でもクルマでいうマイチェンが行われたりしていて、車内やモーター音の違いを見つけるのが楽しい」(23歳男性/食品・飲料/その他)人それぞれ鉄道に対する魅力の感じ方が違っていて、興味深い回答が多かった今回のアンケート。

通勤などで電車を毎日利用していれば「鉄ちゃん」でなくても愛着を感じる人は多いはずである。

調査時期: 2012年9月14日〜2012年9月19日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性437名 女性563名 合計1,000名調査方法: インターネットログイン式アンケート