株式会社ルネサンス 執行役員 商品開発部長の望月美佐緒氏

写真拡大 (全6枚)

 ルネサンスは、首都圏を中心に、全国104か所に店舗を持ち、スクール会員、クラブ会員合わせて36万人の会員を持つフィットネスクラブ。この度、「イード・アワード2012 フィットネスクラブ インストラクターの質部門」で最優秀賞を受賞したのに合わせ、受賞の感想、ルネサンスの魅力などについて、株式会社ルネサンス 執行役員 商品開発部長の望月美佐緒氏に話を聞いた。

――このたびはご受賞おめでとうございます。ご感想をお聞きかせください。

望月氏:シンプルにうれしいです。さっそくフェイスブックで、スタッフのみんなに知らせました。今、全国104か所に店舗を持っていますが、最初は地方の小さな店舗から始まりました。ここまで来られたのは、クラブの第一線でレッスンしてくださっているインストラクターの皆さんが、真摯にお客様に向き合い、お客様から愛されてきたからだと思っています。今回の受賞は、それを認めていただけたのだと、大変うれしく思います。

――ルネサンスができた経緯を教えてください。

望月氏:もともとは、大日本インキ化学工業株式会社の社内ベンチャーからスタートしました。創業者(現会長 斎藤 敏一氏)が、社内留学制度でスイスに留学し、ヨーロッパ人の、人生を楽しむ生き方に感銘を受け、「運動を通じて快適なライフスタイルを提供する」ことを理念とし、1979年にテニススクール事業を始めたのが最初です。その後、テニスだけでなく、フィットネスクラブとして、複合的なサービスを提供するようになりました。自社店舗の展開だけでなく、企業や団体から、スポーツクラブの運営の委託を受けたり、研修やインストラクターの派遣などBtoBのビジネスも行っています。

――今回、「インストラクターの質」部門で受賞されましたが、それはなぜだと思いますか?

望月氏:クラブで展開しているレッスンの6割強を担当してくださっているのは、業務委任させて頂いている方々です。その方々に、私たちの考え方やお客様の求めている事などを、独自の教育システムに基づいて、しっかりと伝え、育ててきたことが評価されたのだと思います。

 私たちのビジネスは、地域のお客様に愛されてこそのビジネスです。ですから、お客様に愛されるようなインストラクターを育てなければと20年以上前から、「ステップアップシステム」という教育システムを開発し、実施してきました。

 全国140か所で年2回(現在は年1回)の研修を行い、スキルや技術だけでなく、たとえば団体指導で生徒にレベル差があるとき、初心者も上級者も楽しめるにはどのように指導したらいいか、次もまた来ていただくために、レッスン終了時にどのような声がけをすればいいか、お客様のクレームにどう対応するかといったことを、ロールプレイングゲームで学びます。

 研修後は、点数をつけてきちんと評価もします。

 最初は、評価されることに対して抵抗があった人も多かったのですが、そういう人たちも、評価の結果を前向きに受け止めて、もっとよくなろうと努力する姿勢に変わっていきました。

 このような体系的な教育システムを作ったのは、おそらく業界では当社が初めてだったのではないかと思います。当初は色々なご意見を頂きましたが、数年たつと、インストラクターの求人に応募してくる人たちの志望動機に「ルネサンスはしっかり教育をしてくれるから」と書いてくださる人が増えました。選んでいただける会社になったということは大変うれしいですね。

 「ステップアップシステム」だけでなく、インストラクターの皆さんに、キャリアパスを提供するということも実施してきました。

 以前は、インストラクターは若いうちしかできないというイメージがありました。また、フィットネスクラブは夜間がゴールデンタイムなので、出産を機に夜間の勤務が難しく、辞める人が多かったのです。せっかく経験のある人が辞めていくのはもったいないことです。

 そこで、きちんと育成して、将来は後進の育成や、プログラム開発、品質管理など、インストラクター以外でも活躍できる場所をつくろうとしたのです。

――将来のキャリアパスが見えることで、モチベーションが高まり、それがインストラクターの質向上につながっているのでしょうね。

望月氏:3.11の東日本大震災では、当社も少なからぬ影響を受けました。いくつかの店舗が営業停止せざるを得なくなり、多くのインストラクターが当面の仕事を失いました。会社としては、正社員や、アルバイトの雇用関係にある方だけでなく、業務委任させて頂いているインストラクターの方々にも、店舗の営業がストップしている間も、一定の収入を保証しました。業績の良い時だけではなく、厳しい時こそ、これまで一緒に頑張ってきた人と乗り切るという、トップの方針は、素晴らしいと思いました。

――ダイエットクラブ読者にお勧めのサービスを教えてください。

望月氏:ダイエットスクール、ファスティングスクールの2つが、ダイエット系では満足度90%以上と好評です。

 ダイエットスクールは、生活改善や食育、効果的な運動のことなどダイエットのメカニズムが学べるダイエットセミナー6回とトレーニング12回がついて10,710円のお手頃なコースです。

 ファスティングスクールは、3日間の断食を含む、1回90分(レクチャー70分、エクササイズ20分)×4回のコース。96%の参加者が、ダイエットの目標を達成できたとご好評をいただいています。参加費は、講座21,000円+脂肪を燃焼させやすいカルニチンが入った栄養補助ドリンク18,900円、の計39,900円です。

 いずれも、専門知識をもったトレーナーが指導しますので、安心してご利用いただけます。ダイエットに何度も挫折してきた方にお勧めです。

――運動が苦手な人が痩せるコツはありますか?

望月氏:運動になじみのない人は、とりあえず走ることから始めたりする方もいらっしゃいますが、まず筋肉をつけることをお勧めします。筋肉を最初につけてしまえば、身体を動かすのがラクになりますし、運動中に転んだりけがをしたりすることがなくなります。また、筋肉ができると基礎代謝量が増えますから、痩せやすくなるのです。

――キッザニア東京に「スポーツクラブ」パビリオンを出展されていますが、目的は何ですか?

望月氏:子どもたちに、スポーツクラブの存在を知ってもらいたいということもありますが、最近身体を動かす機会が少なくなっている子どもたちに、身体を動かす楽しさを知ってもらいたいからです。

――今後、新たな展開などのご計画がありましたら教えてください。

望月氏:今後、私たちは、運動だけでなく、「食」「休養」や「心の健康」などにも着目し、トータルに「健康」をサポートする事が求められていると思います。又、スポーツクラブ事業だけでなく、企業や自治体の方々の健康を考え、BtoBの「ヘルスケア事業」にも注力しています。

 その中で、とくに注目されているのが、2011年からスタートした「シナプソロジー」という脳を活性化させるプログラムです。このプログラムは、スポーツクラブのなかでも展開していますが、認知症予防のニーズにお応えして、自治体などでも実施しており、大変好評です。

 また、時間のない方にお勧めなのが、女性専用のサーキットトレーニング「ボディキュッと」です。これは、筋力トレーニングと有酸素運動を40秒ずつ交互にバランスよく行うもので、前後のストレッチを含めて30分間で完結するトレーニングです。

――最後に、メッセージをお願いします。

望月氏:私たちには「Re You」というブランドビジョンがあります。「Re」とは、もとに戻す、変わる、という意味があります。つまり、「あなたは変わることができる」という思いが込められています。

 みなさんが「運動」によって健康な体を作り、生きがいや希望を見つけ、新しい自分を手に入れて頂けるようサポートしていくことが、私たちのミッションだと思っています。

――ありがとうございました。

 ダイエットクラブは、2012年3月29日 〜 4月11日、株式会社イードの調査パネル「あんぱら」会員および「ダイエットクラブ」のユーザーのうち、現在フィットネスクラブに通っている方を対象に、フィットネスクラブの顧客満足度調査を実施し、「イード・アワード2012 フィットネスクラブ」として2012年5月に最優秀賞および優秀賞、各部門賞を発表した。ルネサンスは「インストラクターの質」部門で最優秀賞を受賞したほか、「総合満足度(男性)」「総合満足度(女性)」で優秀賞も獲得した。

◆イード・アワード2012 フィットネスクラブ
http://dietclub.jp/special/award/fitness2012/

◆プレスリリース
http://www.iid.co.jp/news/detail/2012/0510.html