大きな「もみ玉」を搭載した高性能マッサージチェア

写真拡大

フジ医療器は、「みんなに愛される新感覚のマッサージ」をコンセプトにした、直径約9センチの大きな「もみ玉」を搭載したマッサージチェア「サイバーリラックス AS‐845」の販売を、2012年10月10日に開始した。

大きな「もみ玉」を最新技術のデジタルメカで制御する「ハイブリッドメカ」を新たに開発。プロのマッサージ師が肩や背、腰といった大きな筋肉をもみほぐす際に使う手法である、手のひらの付け根(手根)でのマッサージをヒントに、「もみ玉」を従来の直径6センチから約9センチのサイズに大きくした。

広くじんわりともみ込むようなマッサージができるため、肩から腰下までをしっかりと、しかも優しい感覚のもみ心地を生み出す。

また、大型のもみ玉の特徴を最大限に生かした「背筋開き」と「背筋ケア」の2つの新たなもみ技を追加し、計25タイプの多彩なもみ技を搭載した。また肩と腰は8段階、背は2段階の強弱調節を可能にしたほか、全身をマッサージするための機能を多数搭載した。

脚部には、ふくらはぎをエアーバッグでつかんで脚全体を引き伸ばす「フットストレッチ機能」を採用。足裏には「ヒーター機能」を搭載し、足先とかかとの部分についたヒーターで、じんわり温めながらマッサージすることができる。

本体の色は、ブラックとベージュ(ベージュは限定色)。オープン価格。