ワンパターンのスーツしか着ないのは合理的!?

写真拡大


スラッシュドット・ジャパンに「毎日同じ服を着ると生産性が高くなる?」という投稿があがっていた。米国のオバマ大統領がグレーかネイビーブルーのスーツしか着ない理由は、

「他に決めることが多すぎるので、無駄なことに(決断を)使いたくないから」

ハーバード・ビジネス・スクール上級講師のロバート・ポーゼン氏も、スーツとシャツ、ネクタイの組み合わせを決めている。「自分では重要でないと感じていても、決める必要があればそれだけエネルギーを使うことになる」ので、それを避ける意味があるという。


ジョブズやザッカーバークも同じものばかり着ていたが


このネタには、おしゃれが苦手なネットユーザーから賛同の声があがっている。


「どうやら俺は生産性が高いらしいな」

「結局、おしゃれなんかしてるやつは生産性が低いんだよ」

物理学者アインシュタインも、ワードローブに同じダークスーツを1週間分並べていたという噂がある。アップル創業者のジョブズが、黒のタートルネックにジーンズ、グレーのスニーカーを好んでいたのも有名だ。タートルネックは三宅一生に頼んで、同じ物を数百枚作らせていたらしい。


フェイスブック創業者のザッカーバーグは、米NBCテレビのインタビュー番組で、ワードローブにグレーのTシャツが20枚並んでいると明かした。


「要するに、同じものを毎日着ているんだ」

男性誌GQとエスクァイアの「ワーストドレッサー」に選ばれても、気にする様子はない。


スラッシュドット・ジャパンのコメント欄には、毎日違う服装を着ることを期待される女性に同情する声もある。


「男はスーツにネクタイと髭剃るぐらいですむけど、女は身なりに費やす時間が多くなっちゃうよね。(ファッションに)興味がない人であっても」「そういう意味では女は大変だなあと思う」

毎朝カレーを食べていたイチロー


また、「毎日同じ服を着る」こと以外の方法について、アイデアが交わされている。


「この世で最も生産性が高いのはホームレスな人?」

「それをいったら、裸族が最も生産性が高いのではないか」

一方で、毎日同じことを繰り返すことが耐えられない人は「食事も毎日同じにすれば同じように生産性が高くなるはずですが、そんな生活どうなんでしょうか」と問題を投げかける。


それに対し、食事選びが面倒な人が「世の中には日替わり定食というものもある」と応じている。そういえばイチローは、毎朝「カレー」や「食パンとそうめん」を食べると決めていた時期があったそうだ。


いずれにしても、オバマやザッカーバーグの例だけでは、「毎日同じ服を着ると生産性が高くなる」ということはできそうにない。多忙のあまり、服を選ぶヒマを省きたがっているだけかもしれない。


ただ、少なくとも「デキるオトコは、おしゃれを楽しむ!」というファッション誌の特集には、例外があるという証拠にはなりそうだ。