毎年のようにノーベル文学賞の候補にあがり、「今年こそは」と期待がかかった村上春樹さんですが、残念ながら逃してしまい、ため息をついたファンも多いのではないでしょうか。

 しかし、そんなファンも思わず気分が上がること間違いなし!なフェアが東京・下北沢にある本屋「B&B」で開催されています。その名も「村上春樹に出てくる91冊セットオークション」。

 91冊とは、雑誌『ケトル』8月号の村上春樹特集で取り上げられた、『風の歌を聴け』から『1Q84』までの12冊の長編小説に登場する本のこと。例えば、『1Q84』で天吾が昏睡していた父に読聞かせたデイネーセンの『アフリカの日々』など、村上春樹の長編小説に登場した本が全て含まれています。そして、村上春樹氏が「人生で最も影響を受けた3冊のうちの1冊」と語る、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』など世界的名著も。これらの本が、オークション形式で販売されています。

 店長の元重慎太郎さんは「『1Q84』発売直後に、ヤナーチェックの"シンフォニエッタ"が驚異的なヒットとなったことは記憶に新しいですが、村上春樹作品の世界観をひもとくためには、作品中の小説への理解が欠かせません。関連本は数多いですが、作中に登場する本を全作提供させて頂くことが、村上さんの世界観を理解するための何よりの道筋になるのではないかと考え、出品しました」と話します。

 オークションは10月31日(水)まで。参加希望者は、B&B店頭にある参加希望用紙に記入し、最も高い金額をつけた人が全品を落札するという仕組み。

 店内では、他にも村上春樹の関連書籍を多数販売中。村上春樹ファンは是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
本屋B&B「村上春樹に出てくる91冊セットオークション」詳細
http://bookandbeer.com/blog/fair/murakamiharuki_auction/



『ケトルVOL.08』
 著者:内田樹,平川克美,佐々木彩夏(ももいろクローバーZ),津田大介,渋谷直角,宇野常寛,大根仁,佐藤優,橋爪大三郎,山形浩生
 出版社:太田出版
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
山中教授のあだ名はジャマナカ? 研修医時代の「弱点」と「転機」
「ソーシャルメディア疲れ」の原因は、お笑いが生んだ「ツッコミ」だった?
高額なノーベル賞賞金で過去にはトラブルも


■配信元
WEB本の雑誌